2018年:ダンロップが空気入りタイヤを実用化して130年

2018年の「区切りの年」特集。

今年2018年から遡ること130年の1888年。

日本では明治21年。
ヤマハの創業者、山葉寅楠がオルガンの製造に成功した年(ヤマハのホームページでは1887年となっていますね。だいたいその頃ということで…)でもあります。

その1888年、スコットランドでは、ジョン・ボイド・ダンロップが、世界初の実用的空気入りタイヤを開発しました。(→ダンロップヒストリー)

自転車用からスタートし、自動車用の開発へと拡大していきますが、1909年(明治42年)には日本初のタイヤ工場を作っています。

以来現在に至るまで、タイヤはゴム製空気入りが主流ですから、偉大なる実用化開発なのでありました。

ということで、今年2018年は「ジョン・ボイド・ダンロップが空気入りタイヤを実用化して130年」の年なのです。

DUNLOP空気入りタイヤの実用化から130周年
住友ゴム工業 ニュースリリースより

DUNLOP空気入りタイヤの実用化から130周年 – 住友ゴム

余談ですが…

ダンロップはイギリス発祥の会社ですが、タイヤ部門は切り離され日本の住友ゴムに売却、その後、住友ゴムとグッドイヤーが提携したため、ダンロップブランドのタイヤの製造販売は、北米とヨーロッパはブッドイヤーが、日本を含むんアジアは住友ゴムが担当しているそうです。(ウィキペディアによる

日本ダンロップ(住友ゴム)としては、日本に初めて工場ができた1909年を創業年として2009年を100周年としています。
上の動画はその時のもの。元の映像は1938年の英ダンロップの50周年の際に作られた創業時の再現映像と思われます。

関連リンク


明けましておめでとうございます

オートバイ1957年1月号

明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

昨年は思った以上にくすぶってしまったので、今年は成果の出せる年にしていきたいと思っております。

オートバイ1957年1月号

画像は、月刊「オートバイ」1957年新年号の表紙。
昌和製作所のクルーザー57年型250cc。

2018年は・・・

今年2018年は、どんな年かといいますと、

ざっとこんな感じです。

SNS(TwitterFacebookページインスタグラムもちょっと)が中心になるかと思いますが、当時の社会・文化・風俗などを交えながら、バイクにまつわるできごとをご紹介していこうと思います。

ということで、改めて今年もよろしくお願いいたします。

 


一枚の写真から:スズキTR750(XR11)テストの写真(夏休みの宿題)

9月も終わろうとしていますが、ここで夏休みの宿題を提出したいと思います。

まずはこの写真。

課題をいただきました

Twitterで(個人アカ宛ですが)こんなメンションツイートをいただいたのは6月のことでした。

この写真自体は見たことがありましたが、パッと見てわかるのは右から二人目の伊藤光夫さんくらい。

先輩方に聞いてみました

せっかくお題をいただいたので、元スズキの先輩方にお聞きしてみました。 (当時スズキのテストライダーをしていた岩﨑勝さん、いつもお世話になっている荘利光さん、そしてスズキ2輪レース部門OBの山田容平さん、ありがとうございます!)

年代と登場人物

まずは年代。

岩﨑さんによれば、水冷3気筒のTR750(コードネームXR11)をデイトナに向けて新しく開発している時のテストの様子であろうとのこと。
デイトナでTR750がデビューしたのが1972年の3月なので、おそらく前年1971年の秋。

そして写っている方たち。 写真をもう一度。

画面右側当時の松木主査、伊藤光夫さん、鈴木さん、長谷川メカ、、(故)伊藤利一さん、(故)阿部孝夫さん、ツナギ姿の谷野さんテストで乗ってたかも?メカ?座ってる神谷さん、その隣? ? 岩崎さんなら全てわかるかも?以上です。(山田容平さん)

右から2番目は、マン島TTレース唯一の日本人優勝者の伊藤光夫さん(1963年50ccクラス)。 マシンの真後ろで帽子をかぶっている小柄な方が、スズキ関係の方からよくお名前は聞いていた伊藤利一さん。

伊藤利一さんいついては以下のページも是非ご覧ください。

→「スズキのレース活動を影で支えた職人気質 ”伊藤利一さん”」日本のモーターサイクルの夜明け(ソースは別冊モーターサイクリスト2003年8月号 文:東 信亨)

伊藤利一さんのとなりでマシンに両手をついている黒い皮ツナギ姿の方は谷野さん。

そしてその伊藤利一さんと谷野さんの間、後ろでメガネをかけてる笑顔の方。 80〜90年代のレースファンの方ならご存知のはずの阿部孝夫さん!

私、阿部さんとは全く気付きませんでした。
私の知っている阿部孝夫さんは2倍くらいの大きさだった気が…。

Formula 750(F750)

さらに岩﨑さんより補足が。

松木課長さん・鈴木素(まこと)さんはRG500のエンジン設計者です。 またこの時期新型TR750のエンジン・車体の設計も開始していましたね。同じ3気筒750ですがシリンダーが単体・カセット式T/M・マグネケースなど世界制覇を狙ったコンペマシンでした。・・・がWGPのレギュレーション変更で750ccクラスは消滅となり正しく幻のTR750となりました。Theマシン!!超カッコ良いエンジンでした。この時期私はTR500(2気筒)しか乗せてもらえない身分でした。(岩﨑勝さん)

「WGPの750ccクラス」というのは、FIM Formula750 (→Wikipedia:英語)のことで、1973年から79年まで開催されていました(1973年のチャンピオンはまさにこのTR750を駆ったバリー・シーン。)。


ということで、一枚の写真から、1970年代のスズキのレース活動の一部を教えていただくことができました。

以上、夏休みの宿題の発表を終わります。