2017年は浅間高原自動車テストコースができて60年

新年あけましておめでとうございます。

二輪文化を伝える会的に2017年は、昭和32年(1957年)に、群馬県浅間山の麓に「浅間高原自動車テストコース」ができて60年の記念の年です。

つまり同年に同コースで開催された「第2回全日本オートバイ耐久レース(通称:浅間火山レース)」の開催から60年でもあります。

これまでに何度も取り上げてきましたが、大藪春彦の小説「汚れた英雄」の冒頭シーン、峠道を北野晶夫がYA-1を積んだリヤカーを自転車で引いて目指していたのが、この浅間高原自動車テストコースであり、第2回浅間火山レースだったわけです。

第2回浅間火山レース・スタートシーン

2018年になると、昭和33年(1958年)にこの浅間高原自動車テストコースで初めて開催されたクラブマンレース(アマチュアライダーレース)から60年(MCFAJ創設60周年でもある)、2019年はホンダのマン島TTレース初挑戦から60年、と記念イヤーが続きます。

そんなこともあり、2017年は、テーマをある程度絞って集めた情報を整理して発信していきたいと思っています。

また、「文化とは人間の活動によるもの」なので、これらの出来事にどんな人がどんな風に関わっていたのか、そんなことを考えながら進めてみようと思います。

では2017年もどうぞよろしくお願いいたします。


2017年は原点に立ち返って

もうすぐ2016年が終わろうとしています。

二輪文化を伝える会的2016年は、多摩川スピードウェイ開設80周年の年でした。

でも2016年は、なかなか思ったように動けない(特にホームページの更新ができない)一年でもありました。

あれこれとたくさんのインプットはあれど、アウトプットの形にしきれないものばかりで、かなり中途半端になってしまった印象があります。

それでも、二輪文化ラジオが、当初の想定とはちょっと違った形で大きく進化し、繋がりが広がったのは大収穫でした。

2017年は、浅間高原テストコースができて60年の年です。
そのあと2018年は、その浅間テストコースで初めてクラブマンレースが開催されて(MCFAJが創設されて)60年、そして2019年はホンダのマン島チャレンジから60年と、記念イヤーが続きます。

2017年は、それらを踏まえて原点に立ち返り、二輪文化を伝える会の主旨である、「日本のオートバイの歴史を人間を中心に整理して伝えていくこと」がしっかりできるよう、活動をしていきたいと思います。

活動の場については、これもやはりインターネット上がメインとなりますが、いろいろなところとコラボするなど、できるだけリアルのイベント等にも関わっていけたらと思っています。

2017年も二輪文化を伝える会をよろしくお願い致します。

(松島)


今月の二輪文化ラジオ:乗るだけじゃないオートバイの楽しみ方

告知がSNSだけになってしまいましたが、10月の二輪文化ラジオ、ご視聴ありがとうございました。
そして会場に来てくださったギャラリーの皆様もありがとうございました!

YouTubeアーカイブ版はまだ公開前ですので、ライブを見逃した方はUストリームの同時録画版をこちらからどうぞ

二輪文化ラジオ29
放送後、ギャラリーの皆さんと。

今月のテーマは、
「鉄ちゃんの学ぶ!乗るだけじゃないオートバイの楽しみ方を探る」。

乗って楽しいのは当然として、それだけじゃない楽しみ方を、乗り鉄、撮り鉄、時刻表マニアなどなど、いろんな楽しみ方が認知されている鉄道ファンを例に考えてみましょうというものです。

今後も随時、そんな楽しみ方をみなさんから教えていただこうかと思っています。
世間を動かす新しい発見があるかもしれません。

そして新コーナー、
「バイク漫画探偵団」。

こちらは先月ゲストコメンテーターとして出演していただいた元ライディングスポーツ編集部の安川健一郎さんが、バイク漫画の謎や疑問を解決するコーナーです。

今回は、先月話題に出た「バイクにキスをすると女の子に変身する?」漫画について。

それと「知る人ぞ知るバイク漫画専門のコミック誌があった?」ということで、それについても詳しく調査していただきました。

ハロウィン直前の放送ということで、猫耳付きkawaii衣装のにゃんばちゃんと、次元大介&工藤俊作の松島でお送りいたしました(笑)

radio_29_pr

YouTubeアーカイブ版を公開いたしましたらまたお知らせいたします。

これまでの放送は、二輪文化ラジオのページ または YouTube 二輪文化ラジオチャンネルで。