マン島TTレース:ホンダの初挑戦から58年

今年もマン島TTレースの時期になりました。

今年は、二輪文化ラジオに何度もゲストできていただいた山中正之選手が、いよいよTTレースにデビュー(SuperSportクラス)。
無事に、そして良いラップを刻んでくれることを願っています。

さて、そのマン島TTレースに日本人が初めて参加したのは、昭和5年(1930年)の多田健蔵さんでした。
次の挑戦はそれから実に29年のこと。

1959年(昭和34年)6月3日。

ホンダ選手は、初挑戦のTTレース(この年の125ccクラスは、マウンテンコースではなくクリプスコースで、一斉スタートでした)で、谷口尚己選手が6位入賞(世界選手権日本人初ポイント獲得)、鈴木義一選手が7位、田中楨助選手が8位、鈴木淳三選手が11位となり、見事チーム賞も受賞しました。

この年以降、ホンダの快進撃は続くので、この初挑戦もまた特別な意味を持って語り継がれています。

レジェンドライダー谷口尚己さんのアルバムから当時の写真を、既出のものも含めてご紹介します。

この年の125ccクラスはマウンテンコースではなくクリプスコースで一斉スタート
左から(敬称略)、鈴木淳三、鈴木義一、河島喜好、谷口尚己、田中楨助、ビル・ハント、関口久一、廣田俊二

 


5月の「今日は何の日」

5月の「今日は何の日」をまとめて。

5月の「今日は何の日?」

1961年5月14日高橋国光、西ドイツGP優勝モータースポーツ関連が多くなりますが、その中でもやはり1961年5月14日の「高橋国光さんが西ドイツGPで日本人として世界GP初優勝を飾った日」というのが広く多くの方々に知っていただきたい日ではないでしょうか。

ホンダの1959年のマン島TTレース初挑戦からわずか3年目。並み居る強豪ライダーを抑えての日本人の優勝はまさに快挙です。
世界GPでの日本人ライダーの優勝記録はすべてこの時から始まったというわけです。

 

その他にも、ヤマハ発動機の創業者であり、元々の楽器のヤマハの4代目社長として音楽の普及にも尽力された川上源一さんの命日が5月25日。

そのヤマハ発動機の初期のワークスライダーとして活躍され、後に数多くのライダーを育てた野口種晴(のぐちたねはる)さんは、5月15日が誕生日で12日が命日です。

5月1日は、ホンダスピードクラブのメンバーとして、浅間火山レースやマン島をはじめとして世界選手権でも活躍した島崎貞夫さんの命日。

同じく1日は、1993年ロードレース世界グランプリGP250クラスを走っていた若井伸之選手がスペインGPの予選中の事故で亡くなった日でもあります。
(ヘレスサーキットには彼の愛称だったフラミンゴのモニュメントが今もコースを見守っています)

1975年5月4日には、ヤマハで世界グランプリを走っていた金谷秀夫さんが、オーストリアグランプリで、GP500クラスとGP350クラスでダブル優勝を達成。

詳細は、今日は何の日(5月)のそれぞれのリンク先からどうぞ。


できるだけ当日にも「今日は何の日」として、SNSでお知らせしていく予定です。

ぜひ、SNSネタ、営業ネタ、朝礼ネタ、世間話として、多くの人に伝えていただければと思います。

記念日の情報(基本的に昭和時代までの「人」に関するもの)がありましたら、メールフォームなどからご連絡いただけると助かります。


シャフト駆動に惚れ込んで「シャフトとV」伊藤正

1960年(昭和35年)のオートバイ誌4月号より。

「ライラック」を製造していた丸正自動車製造の伊藤正(いとう まさし)社長。

「オートバイに生きる(その3)」モノクロ写真6ページの特集。

…(略)…
自慢になりそで言わないが VにはVの良さがある
シャフトに シャフトの良さがある
かなしみも よろこびも マルでかこんだ 正 一文字
シャフト駆動に惚れ込んで スイもアマイもかみ分けた
シャフトに惚れて 12年 背骨に1本 つらぬいた
(伊藤 正 47才 丸正自動車製造株式会社社長)

個人的にはライラックとはまったく接点を持たないまま今日に至りますが、この時代の人のオートバイに賭ける情熱には、純粋かつ強烈な熱さを感じさせられます。

丸正自動車、伊藤正さんについては以下のサイトで。

1955年(昭和30年)第1回の浅間高原レースでは、伊藤史朗のライディングでホンダを打ち破ったライラック。
この時は、単気筒250ccのライラックSY。もちろんシャフトドライブ。

次々にオートバイメーカーが倒産していく激しい淘汰の時代。
これを機に躍進を果たしていくと思われたが…。

V型エンジンを投入したこの記事の頃にはすでに経営危機に陥っており、翌1961年(昭和36年)に倒産、和議で再建を図るも、結局昭和42年に廃業。


いつの時代も、生き残り賭けた戦いは厳しいもの。

ましてや、好きなこと、やりたいことを続けていくのは、乗り越えなければならない山は高く険しいのですね。

今でも長く愛されているライラック号。

最後にこの動画を。

浜松とオートバイ産業 – YouTube