昭和33年の多摩川スピードウェイ

新年ということで、今年2018年から、40、50、60……年前にはどんなことがあったのかを改めて調べています。

そのうちの60年前、1958年(昭和33年)のできごと。
バイク関係に限れば、MCFAJ(全日本モーターサイクルクラブ連盟)の設立と第1回全日本クラブマンレース開催、ホンダスーパーカブ(C100)の発売などがあります。

さて、そんな昭和33年の古い雑誌をパラパラとめくっていたところ、思いがけずこんな記事に出くわしました。

「オートバイ」1958年12月号の記事です。

「オートバイ」1958年12月号より
「オートバイ」1958年12月号より

「オートバイの祭典」
「第1回日米対抗モーターサイクルレース ハイ・ライト」
のタイトル。
そして右ページのダートコースに背景の橋梁。
もしや、と本文を見てみると、

「全日本モーターサイクルレース会主催による第一回日米対抗モーターサイクルレースが、10月25日、多摩川の東急スピードウェイで行われた。」

これにはなかなか驚きました。

「オートバイ」1958年12月号より
「オートバイ」1958年12月号より

多摩川スピードウェイの末期

記事中の「多摩川の東急スピードウェイ」とは多摩川スピードウェイのこと。

実は多摩川スピードウェイの終焉時期については、「営業終了」とか「コース閉鎖」といった明確な期日がなく、いったいいつまでコースとして使用されたかがはっきりしません。

1955年の航空写真(地図・空中写真閲覧サービス)を見ると、既にオーバルコースの内側上流側半分は自動車練習場が作られています。

国土地理院の空中写真(1955年)
出典:国土地理院の空中写真(1955年)

昭和30年代以降は、この自動車練習場の一部として使われることになりレーシングコースとして使うことはもうなかったのかと思っていました。

そして、この記事が目に飛び込んできたのです。

昭和33年(1958年)10月25、26日に日米対抗モーターサイクルレースが行われていました。
コース全周を使ったのか一部だったのかはわかりませんが、あの場所で行われていたのは間違いないようです。
(火焔くぐりの向こうに階段状の観客席が見えます)

「オートバイ」1958年12月号より

当日の天候は雨で、翌日の26日のレースは12月に延期になったと記事にはありますので、その記事も探してみようと思います。


多摩川スピードウェイ開設80周年記念展に行ってきた

多摩川スイードウェイ開設80周年記念展

7月17日〜31日に、川崎市民ミュージアムで開催された多摩川スピードウェイ開設80周年記念展を観に行ってきました。

サーキットや自動車系イベントだけでなく、こういった多くの市民の皆さんの目に触れる場所・機会を作ることは、文化として認められていくためには非常に大事な事であると思います。

このような活動をされている多摩川スピードウェイの会の皆様に敬意を表します。

多摩川スピードウェイ記念展の様子
平日に訪れましたが、老若男女問わず、地元の方たちが結構見に来ていました。

四輪レースが主体の展示ですが、昨年(2015年)東京都大田区のせせらぎ公園で開かれた多摩川スピードウェイ回顧展にはなかった、戦後の「日米親善オートバイレース」のパネルが追加展示されていました。

今後、二輪文化を伝える会としても、多摩川スピードウェイの二輪に関する情報の調査・協力ができればと考えております。

館外掲示板に貼られたポスター
館外掲示板に貼られたポスター。これだけでも効果や意義はあるはず。

多摩川スピードウェイの存在と、そこで繰り広げられたレーシングスポーツ、そしてそれに関わった人たちのことを、地元の人なら誰でも知っていて、外部の人に自慢できるような存在にしていくことが、今のおとな世代の役割ではないでしょうか。

あの場所で、サッカーや野球、バーベキューを楽しむ人たちにも知ってもらうことはもちろん、2020年の東京オリンピックの時には、世界中のモータースポーツファン(特にホンダファン)が、オリンピック観戦と合わせてこの地を訪れるようにできたらいいですね。

多摩川スピードウェイ跡地全景
グランドスタンド跡からコース跡地を望む

最後に、会場でも放映されていた、1936年6月7日のオープニングレースと現在を比較した動画をどうぞ。貴重な当時の映像資料です。


多摩川スピードウェイ:開設80周年記念プレート設置

記念プレート

昭和11年(1936年)6月7日に、多摩川スピードウェイのこけら落としレースと言われる「第1回全日本自動車競争大会」が開かれて今年でちょうど80年。

日本初の常設サーキット。日本のモータースポーツ・自動車産業の原点の一つとして、今も観客席の跡が残るこの歴史的遺構。

モータースポーツ愛好家のみならず、地元の方々をはじめ、広く一般の人たちにも知ってほしい、そしていろいろな背景と共に歴史遺産として後世に伝えていきたい、ということで、多摩川スピードウェイに縁のある方々による「多摩川スピードウェイの会」が中心となり、関係各所に働きかけるなどの活動を行ってきました。

そしていよいよ、川崎市の協力の下、そこがサーキットの跡地であることを示す「記念プレート」が設置されることになりました。

5月29日(日)にその除幕式が行われたので参列させていただきました。

多摩川スピードウェイ記念プレート除幕式の様子
多摩川スピードウェイ記念プレート除幕式の様子

当日は、ホンダコレクションホールより「カーチス号」「ブガッティ タイプ35C」も貸与展示されました。

福田川崎市長、堺正章さん、CCCLの山本氏、多摩川スピードウェイの会副会長の小林太樹氏によりいよいよお披露目。

いよいよお披露目
いよいよお披露目
記念プレート
記念プレート

日本の自動車文化、モータースポーツ文化の醸成に向けて大きな一歩としていかなければいけませんね。

2016年7月17日(日)から31日(日)まで、川崎市市民ミュージアムで、多摩川スピードウェイ開設80周年記念展が開かれます。
入場無料ですので、ぜひこの記念展と多摩川スピードウェイ跡地を訪れてみてください。