二輪文化ラジオ:ゲストの山中正之選手のご紹介

山中正之選手
山中正之選手

二輪文化ラジオ

2月26日(金)よる9時からです!

今回のゲストは3回目の登場、マン島TTレース参戦を目指すロードレースライダーの山中正之選手です。

26日の放送を前にこれまでの2回で聞いた話をちょっとまとめてみました。

マン島への憧れ

マン島TTレースと言えば、1907年から続く、島内の一般公道を使った歴史あるレース。

古くは1930年(昭和5年)に多田健蔵が日本人として初めて出場、1959年(昭和34年)にはホンダが世界進出の第一歩として、以後スズキやヤマハも出場するなど、伝統と格式のあるこのレースは、ライダーにとって憧れというだけでなく、日本メーカーにとっても重要な意味合いを持つものでした。

このマン島TTレースに、レーサーを志した山中選手も憧れを抱いていました。

全日本選手権や鈴鹿8耐にも数多く出場するようになり、キャリアを積んでベテランライダーと呼ばれるようになった頃、レースで大怪我をしたこともあり、いつしか忘れかけていた予てからの夢を現実にしたいという気持ちが芽生えました。

夢に向けて動き出す

若い頃からの夢「マン島TTレース」の出場に向けてチャレンジを開始したのは一昨年のこと。

TTレース開催時期に単身マン島へ渡り、片言の英語でレースの出場について自ら情報収集。

主催者からの条件もあり、マン島TTレースへのステップとしてまず参加型でもあるマンクスグランプリに出場することになりました。

そして、たくさんの支援者に支えられながら、ほとんどすべてを自分たちの手で準備して出場を果たした昨年のマンクスグランプリでは、ニューカマー(初出場者)クラスで2位表彰台に上がるなどの結果を残し、夢のTTレース参戦へ着実にそして大きく前進しました。

マン島を走ってみてわかったこと

車検ステッカー
マン島を走ったマシンのカウリングに貼られた安全確認の車検ステッカー

とかく「危険な公道レース」「命知らずのライダー」という表現でクローズアップされますが、現実は、100年を超える伝統と多くのライダーが憧れるレースとして、最大限に安全というものに配慮された運営がなされています。

もちろん危険であることには変わりはないのですが、その上で何をすれば少しでも危険を遠ざけることができるのか、ライダーにとっても観客にとっても、マン島の人たちにとっても、素晴らしいレースであり続けるにはどうすべきなのか、そんな考えがあるからこそ今も歴史が刻まれているのです。

自分たちの手で作り上げていく

遠い彼の地でレースをすることは、マシンの準備などのハード面はもとより、ソフトの面でもたくさんのハードルがあります。

お金を用意して、現地でマシンを調達し、レースを熟知している現地のチームに面倒を見てもらえば、レースを走ることはできるのかもしれません。

しかし彼の選んだ方法は、すべて自分で用意してマン島のレースを走ることでした。

日本でレース用のマシンを準備し、船でイギリスに送り、日本・イギリス・マン島で、多くの人たちの手を借りながら、彼のレースは作り上げられていきました。

これは想像をはるかに超える過酷さではありましたが、このマンクスグランプリを経験したあとでもなんら変わることなく、同じスタンスでいつかTTレースに挑戦する、それが彼の本当の夢なのです。

来年のTTレース参戦を見据え、今年は600ccのマシンで再びマンクスグランプリを走ります!

山中正之選手のマン島TTレースチャレンジ特設サイト


 

なんていうお話を、いかに面白おかしく、そして時間内で聞くことができるのか?

たぶん時間は足りません。すみません。。。


あの日の肖像画「多田健蔵」〜風まかせ

今発売中の「風まかせ」No.54(クレタパブリッシング)

巻頭のカラーページは、4メーカーの企業博物館特集になっています。

ホンダコレクションホール、ヤマハコミュニケーションプラザ、スズキ歴史館、カワサキワールド。(→博物館・資料館

4メーカーの製品や技術のPRでもありますが、歴史がわかる数多くの展示物は、どのような歩みで現在があるのか、それを伝えてくれる貴重なものばかり。

いずれもぜひ一度訪れていただきたい施設です。

そして何より、二輪文化を伝える会が注目する記事は、「あの日の肖像画『多田健蔵』」。

風まかせNo.54(クレタパブリッシング)
風まかせ No.54(クレタパブリッシング)

サムライ多田健蔵

明治生まれの侍ライダーは、自転車レースでは鉄人と言われ、モーターサイクルに出会ってからは、昭和5年(1930年)にマン島TTレースに出場・完走を果たすという、世界に名を残した語り継がれるべき人なのです。

こうやって、多田健蔵さんのような人が、その実績や功績とともに取り上げられて、多くの人の目に触れ心に刻まれること。
それこそが、「人」が作ってきた文化という点において、とても意味があることだと思っています。

→多田健蔵:人物伝

スズキレースOB忘年会

他にも、年末に開かれた「スズキレースOB忘年会」の記事もありました。

多田健蔵さんの挑戦から33年後にマン島TTレースで優勝した唯一の日本人ライダー伊藤光夫さん、モトクロス界にこの人ありと言われた城北ライダース久保和夫さん、マウンテンライダース小嶋松久さんのお姿も。


博物館・資料館のページはなんとか立ち上がったので、今度は文献・資料のページを作りたいと思っている2016年の初頭です。


6月といえばマン島TTレース関連、そしてアキオ・・・

1959iom百年以上の歴史を持ち、かつては世界選手権(世界グランプリ)の一戦であり、毎年5月末〜6月にかけて行われるのが「マン島TTレース」。

戦後、ホンダを皮切りに日本メーカーが世界へのアピールの舞台としてこのマン島を選びました。
そのため、数々のエピソードもそこから生まれてくるわけです。

二輪文化を伝える会では「今日は何の日」として、さまざまな記念日をご紹介していますが、6月はマン島関連がたくさん出てきます。

Twitterへの投稿をピックアップしてみました。

1959年6月3日はホンダが初めてマン島TTレースに出場した日

谷口尚己さんが6位、鈴木義一さんが7位、田中楨助さんが8位、鈴木淳三さんが11位で、初出場でチーム賞も獲得しました。

1961年6月12日は、ホンダがマン島TTレースで初めて優勝

伝説のライダー、マイク・ヘイルウッドによる偉業達成。

1963年6月14日は伊藤光夫さんが日本人初優勝した日

6月16日は、昭和5年に多田健蔵さんが日本人で初めてマン島TTレースに出場した日

この時期、小説「汚れた英雄」の主人公・北野晶夫の命日もありました(6月11日)。
北野晶夫も、1959年ホンダの初参戦を現地で見ており、翌1960年には250ccクラスと350ccクラスで初出場初優勝を飾っています。

汚れた英雄ネタは、お父さん世代から上には非常にウケが良いので、また北野晶夫に頼ってみたいと思います。
(実際に浅間やマン島など、とても参考になることも多いので取り上げる価値ありなんです)