制定!10月19日は「二輪文化の日」

10月19日二輪文化の日

11月3日は祝日ですが、何の日かすぐに出てきますか?

そうです。「文化の日」です。

これまで、その「文化の日」という名前にちなんで、二輪文化についてもあれこれ考えてみる日にしていました。

しかし文化の日に便乗する形ではなく、バイクの日(8月19日)と競合することもなく、「二輪文化」にふさわしい日はないものかと漠然と考えていました。

そこで。

このたび、あらためて、勝手に「二輪文化の日」を決めてみることにしました。

10月19日。

この日を「二輪文化の日」に制定したいと思います!

なぜ10月19日か?

今日は何の日」で様々な記念日的なものを取り上げています。

その中で、二輪文化に特に関わりの深い日は? 二輪文化の日にふさわしい日は? ということでいくつか候補がありました。

象徴的な存在としている多田健蔵氏の誕生日(2月17日)、また昭和5年にマン島TTレースで完走を果たした日(6月16日)、ホンダのマン島TT初出場・初入賞の日(6月3日)などなど。

そこで。

昭和32年第2回浅間火山レース(浅間高原自動車テストコースでの初レース)の開幕日である10月19日がいいのではないかと。

大藪春彦の小説「汚れた英雄」にこんな一節があります。

現在浅間コースは淋しいテスト・コースに変りはて、国内大レースは鈴鹿や富士に移され、浅間ではたまにクラブ対抗の小レースが行なわれるだけだが、その日、昭和三十二年十月十九日は 冷遇され続けていた日本のモータースポーツがはじめて小さいながら本格的に花咲いた記念すべき日であった。

(大藪春彦 著「汚れた英雄 第1巻 野望篇」角川文庫)

小説の冒頭、北野晶夫少年が自転車で引いたリヤカーにヤマハYA-1を積み、浅間山の麓のレース会場を目指してペダルを踏み続けたのは、「10月19日」の朝霧の中でした。

認定記念日にむけて

二輪車の歴史的にも意味のある浅間火山レース・浅間高原自動車テストコース、ある世代には多大な影響を与えた小説「汚れた英雄」の冒頭の舞台でもあり、さらに大藪春彦氏による「記念すべき日」という記述。
季節的にもツーリングシーズンでもありますし、この日が最も適しているのではないかと。

とりあえず勝手に、10月19日を「二輪文化の日」としますが、せっかくですから広く知られる日になって欲しいので、一般社団法人 日本記念日協会に認定登録できるよう今後なんらかの活動をしていきたいと思います。

ということで、今年(2018年)の二輪文化の日・10月19日は、二輪文化ラジオの公開ライブ配信をやりますので、お時間があれば見てみてください!


2017年は浅間高原自動車テストコースができて60年

新年あけましておめでとうございます。

二輪文化を伝える会的に2017年は、昭和32年(1957年)に、群馬県浅間山の麓に「浅間高原自動車テストコース」ができて60年の記念の年です。

つまり同年に同コースで開催された「第2回全日本オートバイ耐久レース(通称:浅間火山レース)」の開催から60年でもあります。

これまでに何度も取り上げてきましたが、大藪春彦の小説「汚れた英雄」の冒頭シーン、峠道を北野晶夫がYA-1を積んだリヤカーを自転車で引いて目指していたのが、この浅間高原自動車テストコースであり、第2回浅間火山レースだったわけです。

第2回浅間火山レース・スタートシーン

2018年になると、昭和33年(1958年)にこの浅間高原自動車テストコースで初めて開催されたクラブマンレース(アマチュアライダーレース)から60年(MCFAJ創設60周年でもある)、2019年はホンダのマン島TTレース初挑戦から60年、と記念イヤーが続きます。

そんなこともあり、2017年は、テーマをある程度絞って集めた情報を整理して発信していきたいと思っています。

また、「文化とは人間の活動によるもの」なので、これらの出来事にどんな人がどんな風に関わっていたのか、そんなことを考えながら進めてみようと思います。

では2017年もどうぞよろしくお願いいたします。


56年前の浅間火山レースの日に浅間を訪ねてみた

第2回浅間火山レースのプログラム。画像はモトテカさんのブログから
第2回浅間火山レースのプログラム。画像はモトテカさんのブログから

昭和32年10月19日・20日。
その年にできたばかりの浅間高原自動車テストコースで「第2回浅間火山レース」が開催されました。

大藪春彦の小説「汚れた英雄」の冒頭シーン、北野晶夫がリヤカーを曳いた自転車で向かっていたのがこの第2回浅間火山レース。

今年(2013年)は56年前とカレンダーの並びが同じで、晶夫が出場したウルトラライトウエイトクラス(125cc)のレースがあった土曜日19日に、あの伝説のシーンをちょっとでも感じたくて、浅間を目指して(自転車ではなく)バイクで行ってきました。

題して?、北野晶夫の足跡と浅間火山レースのコース跡地を訪ねる旅です。

国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスより
国土地理院の地図・空中写真閲覧サービスより

“56年前の浅間火山レースの日に浅間を訪ねてみた” の続きを読む