[歴史を追う3] 大正時代は輸入車が大半、初のレースも開催

1912年、年号は大正に変わります。

日露戦争(1904〜5年)が終わり、船舶や鉄道その他軍備など、どんどん輸入技術を吸収し国産化していきますが、オートバイは蚊帳の外。

それでも少しずつ、国内生産の動きは出てきますが、第1次世界大戦(1914〜18年)の間に、海外のオートバイの性能はさらに向上。
それに伴い輸入も増えてきたということもあって、この時期にオートバイレースが始まります。

富塚清氏の著書

CA3I0053この頃の様子を知るのに、「日本のオートバイの歴史」(富塚清・著)を参考にしています。
著者の富塚清さんは明治26年(1893年)生まれで、少年時代も含めてご自分の目で見たそして乗った当時のオートバイについて書かれているので、ただの資料とはちょっと違います。
島津楢蔵さんとも懇意にしていたとのことですし、説得力がありますね。

日本で最初のオートバイレース?

明治末期から外国製のオートバイの輸入が始まると、物好きな人たちはいつの時代にもいるもので、誰が速いか、どれが速いかってことになるものです。

1913年(大正2年)には、兵庫・鳴尾競馬場で最初のオートバイレースが行われたそうです。
(1914年とする資料もあります。)
競馬場でのいわゆるダートトラック、オーバルレースですね。
東京の目黒競馬場でも行われたそうです。

そして、オートバイの国産化に向けての動きも出てきます。

宮田製作所、国産初の市販車「アサヒ号」発売

asahi1914年(大正3年)に、宮田製作所が国産初の市販車「アサヒ号」を発売します。
すでに自転車を作っていた宮田製作所ですから、ある意味当然の試みと思われます。
このアサヒ号は、「黒バイ」として警視庁に納入されましたが、1916年には生産中止に。

大正12年 月刊オートバイ創刊

1923年(大正12年)、月刊オートバイが創刊されます。
そうです、今もつづくあのオートバイ誌です。

昭和15年の戦時統制から約15年休刊時期がありますが、老舗であることは間違いありません。
そして雑誌として出版できるくらいですから、愛好家はそれなりに広がっていたのだと思われます。

大正12年は、9月に関東大震災が起こった年です。

大正15年 第1回全国オートバイ競争の映像

1926年(大正15年)愛知県津島での「第1回全国オートバイ競争」の映像が残っています。
天王川公園の池の外周路で行われたようです。
外国選手も出場していたり、映像も残されているなどかなり本格的。
「全国」と名のつくレースとしては日本初なのかもしれません。

こういうレースを見て、やがて自分たちでもオートバイを作ってみたいという機運が高まったのかもしれません。

再び島津楢蔵さん

島津楢蔵さんは、1909年(明治43年)に国産初のオートバイNS号を完成させた後、しばらく航空機設計の世界に身を移します。
紆余曲折があり、大正末期にオートバイの世界に戻ってくるのですが、それに合わせたようにこの頃から昭和初期にかけオートバイの国産化が再び動き始めます。


← [歴史を追う2] 伝来、初の国産、外国車の輸入

[歴史を追う4] 昭和〜戦前 国産化促進とモータースポーツ →

 


[歴史を追う2] 伝来、初の国産、外国車の輸入

まずは、明治時代:1896年(明治29年)〜1912年(明治45年)。
日本のオートバイ史は意外にも古く、100年以上も前に始まります。

世界を見ると、
フランスの発明家のルイ-ギヨーム・ペローが蒸気機関を動力とした二輪車を考案し、特許を取得したのが1863年。
ウイーン万博にオートバイの原形と言われるものを出品したのが1873年。
ダイムラーがガソリンエンジンの二輪車を作ったのが1885年。
(→Wikipedia

h-w_mainichiそして日本では、1896年(明治29年)に十文字商会の十文字信介が、ドイツのH&W(ヒルデブラント ウント ボルフミューラー)号を輸入し、皇居前で公開試運転したのが、日本で初めて人前に姿を現したオートバイと言われています。

ns_photoでは、輸入車ではなく、日本国内で作られたものは?と言うと、
1909年(明治42年)に島津楢蔵さんが、4サイクル400ccのエンジンを自作しNS号を完成させています。

と、ここまでは、すでに1896年(明治29年)〜1912年(明治45年)のページには紹介しておりました。

このころ海外では、1903年にハーレーダビッドソンが設立されていますし、1907年はマン島TTレースの開催が始まりました。

外国製のオートバイは、どんどん開発進化し量産販売されてきた時期と思われます。

そこで気になったのが、Wikipediaに書かれていた、外国製オートバイの輸入販売について。

1909年に山田光重さんが23歳で山田輪盛館を設立し、NSUやトライアンフの販売を、また山口勝蔵商店がトライアンフやインディアンの輸入販売を始めたとのこと。

おそらくこういった輸入販売をされた方々も、おおいにオートバイ好き・乗り物好きであったのではないかと。
そしてかなり高価であったであろうこの頃のオートバイを、いったいどんな人たちが買い、どう乗ったのか。

そんなことも追っていろいろ調べていきたいと思います。
(詳しい方、資料をお持ちの方、情報お待ちしています!)


← [歴史を追う1] 年表を作りながらバイク史の概要を追いかけます

[歴史を追う3] 大正時代は輸入車が大半、初のレースも開催 →

 


[歴史を追う1] 年表を作りながらバイク史の概要を追いかけます

CIMG5046日本のバイクの歴史について、大事そうなことに出くわすことごとに取り上げていたのですが、あまりに知らないことが多すぎて、あれもこれもとどうしても取り散らかってしまいます。

また、どれもが興味深いものだから、ついついその都度深く調べたくなってしまうんですね。

このままだといつまで経っても、話があっちこっちに飛んでばかりで、自分自身、流れが掴めない気がしてきたので、ここしばらくは、日本におけるバイク史の始まりから1980年くらいまでの概要を、年表を作りながら年ごとに追いかけてみようと思います。

「二輪文化を伝える会」の基本コンセプトは、「日本のオートバイの歴史を作ってきた方々の話を伝えていく」ですので、できるだけマシンとか技術とかより人物を中心に追っていくつもりです。

そしてその中で、深く調べたりお話を聞いたりしたい出来事については、またあらためて別シリーズで取り上げていくことにします。


[歴史を追う2] 伝来、初の国産、外国車の輸入 →