2017年は浅間高原自動車テストコースができて60年

新年あけましておめでとうございます。

二輪文化を伝える会的に2017年は、昭和32年(1957年)に、群馬県浅間山の麓に「浅間高原自動車テストコース」ができて60年の記念の年です。

つまり同年に同コースで開催された「第2回全日本オートバイ耐久レース(通称:浅間火山レース)」の開催から60年でもあります。

これまでに何度も取り上げてきましたが、大藪春彦の小説「汚れた英雄」の冒頭シーン、峠道を北野晶夫がYA-1を積んだリヤカーを自転車で引いて目指していたのが、この浅間高原自動車テストコースであり、第2回浅間火山レースだったわけです。

第2回浅間火山レース・スタートシーン

2018年になると、昭和33年(1958年)にこの浅間高原自動車テストコースで初めて開催されたクラブマンレース(アマチュアライダーレース)から60年(MCFAJ創設60周年でもある)、2019年はホンダのマン島TTレース初挑戦から60年、と記念イヤーが続きます。

そんなこともあり、2017年は、テーマをある程度絞って集めた情報を整理して発信していきたいと思っています。

また、「文化とは人間の活動によるもの」なので、これらの出来事にどんな人がどんな風に関わっていたのか、そんなことを考えながら進めてみようと思います。

では2017年もどうぞよろしくお願いいたします。


2017年は原点に立ち返って

もうすぐ2016年が終わろうとしています。

二輪文化を伝える会的2016年は、多摩川スピードウェイ開設80周年の年でした。

でも2016年は、なかなか思ったように動けない(特にホームページの更新ができない)一年でもありました。

あれこれとたくさんのインプットはあれど、アウトプットの形にしきれないものばかりで、かなり中途半端になってしまった印象があります。

それでも、二輪文化ラジオが、当初の想定とはちょっと違った形で大きく進化し、繋がりが広がったのは大収穫でした。

2017年は、浅間高原テストコースができて60年の年です。
そのあと2018年は、その浅間テストコースで初めてクラブマンレースが開催されて(MCFAJが創設されて)60年、そして2019年はホンダのマン島チャレンジから60年と、記念イヤーが続きます。

2017年は、それらを踏まえて原点に立ち返り、二輪文化を伝える会の主旨である、「日本のオートバイの歴史を人間を中心に整理して伝えていくこと」がしっかりできるよう、活動をしていきたいと思います。

活動の場については、これもやはりインターネット上がメインとなりますが、いろいろなところとコラボするなど、できるだけリアルのイベント等にも関わっていけたらと思っています。

2017年も二輪文化を伝える会をよろしくお願い致します。

(松島)


11月の二輪文化ラジオはマンクスGPライダー山中正之選手が4回目の登場

11月の二輪文化ラジオは、11月25日(金)夜9時頃からです!

いつものように川口オート正門前のライブハウス「CROSS ROAD 39」よりUstreamのhigh tide Radio のチャンネルをお借りしてお送りいたします。今回もすべて公開でやります。ギャラリー大歓迎です。

今回はゲストとして、昨年今年とマン島マンクスグランプリを走った山中正之選手とチームヤマナカのみなさんをお迎えいたします。

二輪文化ラジオvol.30:ゲストは山中正之選手
二輪文化ラジオvol.30:ゲストは山中正之選手とチームヤマナカのみなさん

山中選手は、今回で4回目の登場です。

初めは、マン島のレースに出場するぞ!ということで2014年の11月に(vol.8)。
そして、見事に初参加ニューカマークラスで2位表彰台に上ったすぐあとの2015年の9月が2回目(vol.17)。
3回目は、記念すべき”にゃんばちゃん”(二輪文化ラジオアシスタントMC難波祐香さん)初登場の回(今年の2月:Vol.21)でした。

4回目の今回は、2年目の挑戦だった今年のマンクスグランプリについて、山中選手だけでなく、さまざまな役回りでライダーと共に挑戦するチームヤマナカのスタッフの皆さんにもお話を伺っていきます。

もちろん、照準は来年のマン島TTレースです。

かつては、昭和5年(1930年)に多田健蔵さんが、昭和34年(1959年)にホンダがマン島に挑んだ時とは、TTレースの位置付けや取り巻く環境なども大きく変わっています。

危険な公道レースというイメージが先行しているマン島でのレースですが、山中選手にとってのマン島TTレースとはどんなレースなのか?
チームの皆さんにとって、マン島でのレース、山中選手の挑戦はどのように映っているのか?

ひとつひとつチャレンジし続けてきて、3年目にしてついにTTレースへのチャレンジが叶うのか?

山中正之マン島レースチャレンジサイト
山中正之マン島レースチャレンジサイト

11月25日(金)当日は、どなたでもお店に来て観覧することが可能です。
(ドリンク代1,000円、追加500円)

駐車場もあります。
ご来店お待ちしております!

視聴方法や会場については二輪文化ラジオのページで。