11月の二輪文化ラジオはマンクスGPライダー山中正之選手が4回目の登場

11月の二輪文化ラジオは、11月25日(金)夜9時頃からです!

いつものように川口オート正門前のライブハウス「CROSS ROAD 39」よりUstreamのhigh tide Radio のチャンネルをお借りしてお送りいたします。今回もすべて公開でやります。ギャラリー大歓迎です。

今回はゲストとして、昨年今年とマン島マンクスグランプリを走った山中正之選手とチームヤマナカのみなさんをお迎えいたします。

二輪文化ラジオvol.30:ゲストは山中正之選手
二輪文化ラジオvol.30:ゲストは山中正之選手とチームヤマナカのみなさん

山中選手は、今回で4回目の登場です。

初めは、マン島のレースに出場するぞ!ということで2014年の11月に(vol.8)。
そして、見事に初参加ニューカマークラスで2位表彰台に上ったすぐあとの2015年の9月が2回目(vol.17)。
3回目は、記念すべき”にゃんばちゃん”(二輪文化ラジオアシスタントMC難波祐香さん)初登場の回(今年の2月:Vol.21)でした。

4回目の今回は、2年目の挑戦だった今年のマンクスグランプリについて、山中選手だけでなく、さまざまな役回りでライダーと共に挑戦するチームヤマナカのスタッフの皆さんにもお話を伺っていきます。

もちろん、照準は来年のマン島TTレースです。

かつては、昭和5年(1930年)に多田健蔵さんが、昭和34年(1959年)にホンダがマン島に挑んだ時とは、TTレースの位置付けや取り巻く環境なども大きく変わっています。

危険な公道レースというイメージが先行しているマン島でのレースですが、山中選手にとってのマン島TTレースとはどんなレースなのか?
チームの皆さんにとって、マン島でのレース、山中選手の挑戦はどのように映っているのか?

ひとつひとつチャレンジし続けてきて、3年目にしてついにTTレースへのチャレンジが叶うのか?

山中正之マン島レースチャレンジサイト
山中正之マン島レースチャレンジサイト

11月25日(金)当日は、どなたでもお店に来て観覧することが可能です。
(ドリンク代1,000円、追加500円)

駐車場もあります。
ご来店お待ちしております!

視聴方法や会場については二輪文化ラジオのページで。


文化の日に「二輪文化」について考えてみた

11月3日は文化の日。

せっかくの「文化の日」なので、「文化」についてあれこれ調べたり、「二輪文化」について考えたりしてみました。

(主にツイッター(@2rin_tsutaeru)でつぶやいたものを再構成しました。)

ちなみに去年(2015年)にも同じように考察しています。
→ 文化の日に二輪文化を考察してみた(2015)

ツインリンクもてぎ・ホンダコレクションホールの展示より
ホンダカブ、スーパーカブ、CB750Four。ツインリンクもてぎ・ホンダコレクションホールの展示より

「文化」という言葉の使われ方

「文化」の意味・使われ方はかなり広範囲であいまいだったりします。
文化祭、文化系サークル、日本文化、西洋文化、文化的生活、文化住宅、若者文化、室町文化、企業文化、二輪文化などなど、それぞれ微妙に意味の違いがあります。

「モータリゼーション」とは?

モータリゼーション」という言葉がありますが、なんとなく「自動車文化」に近いイメージを持っていたのですが、調べてみると「自動車の大衆化」「車社会化」を指す言葉のようです。
大衆化することと文化になることとはまたちょっと違う気がします。
大衆文化」という言葉もありますが…。

そもそも「文化」の意味は?

そもそも文化とは、どんなことを指すのでしょう?
「文化」の言葉の説明としては、コトバンクに出ているのがいちばんわかりやすいかと思います。
特にデジタル大辞泉の解説。3つに分けられています。用法欄も参考になります。

第1項には、

人間の生活様式の全体。人類がみずからの手で築き上げてきた有形・無形の成果の総体。それぞれの民族・地域・社会に固有の文化があり、学習によって伝習されるとともに、相互の交流によって発展してきた。カルチュア。

とあります。

気になるのは、文化・文明の用法のところ。

「文化」は民族や社会の風習・伝統・思考方法・価値観などの総称で、世代を通じて伝承されていくものを意味する。◇「文明」は人間の知恵が進み、技術が進歩して、生活が便利に快適になる面に重点がある。

文明も広い意味での文化に含まれるのであろうが、あえて切り離して考えたほうが、もやっとした「文化」の意味合いが少しハッキリするような気がします。

なぜ「文化」が成熟していないと感じるのか?

言葉の意味から、社会に認められ得る「文化」というのはどういうものかも見えてきます。

つまり、技術の進歩や生活が便利になる「文明」も大事ですが、風習・伝統・思考方法・価値観が世代を通じて伝承されてこそ「文化」になるということです。

日本の二輪を取り巻く環境は、この部分が大いに不足しているから「文化が育っていない」と感じるんだと思います。

文化はどのようにできていくのか?

ウィキペディアの「文化」を見てみましょう。
書いてあることが学問的すぎて頭がオーバーヒートしそうになるのですが、その中の「文化を担う集団」の項からいくつか引用します。

日本文化や東京の下町文化、室町文化など地理的、歴史的なまとまりによって文化を定義するもの、おたく文化のように集団を構成する…(略)…人の活動の種類によって定義するものなど、個々の文化は様々な形で定義、概念化される。

文化は人間集団によって作られるが、同時に個々の人間も環境という形で、不断に文化に適応、学習させられていると考えられる。

小規模な集団にも企業の「社風」、学校の「校風」、ある家系の「家風」などがあり、これらも文化と呼ばれる。

「環境という形で、不断に文化に適応、学習させられている」というのは、学習させられるだけの環境や内容がないと何も伝わりません。
むしろネガティブな情報に多く晒され、マイナスにしか影響しない可能性が高い。

以上を踏まえて整理すると、二輪に関わる人間集団の、風習、伝統、価値観などを整理し、それにより「二輪文化」の定義、概念化がなされ、伝承されるようになり、それが他の社会集団にも認められて、やっと「文化」と言えるものが出来上がってくるのではないでしょうか。

二輪文化を伝える会としては

ということで、二輪にまつわる人々の、風習、伝統、思考方法、価値観などを、世代を超えて伝えていけるようなものに整理しまとめていくこと、また、社会一般に対し、そのことを認知してもらえるような、関心を持ってもらえるような働きかけをしていくことが、二輪文化を伝える会の役目だと思って、活動していこうと思います。


文化の日の当日は、最後のまとめまで辿り着けずに寝落ちしてしまいましたが、これでなんとなくまとまったかな?

ではまた来年の文化の日まで。


浅間高原レースとレジェンドライダー谷口尚己さん

第1回浅間高原レースの準優勝カップと谷口尚己さん

今年も早いもので11月です。

昭和30年(1955年)11月5日・6日に、群馬県北軽井沢の浅間高原で、「第1回全日本オートバイ耐久レース」(通称:浅間高原レース)が開催されました。
→【できごと】1955年第1回浅間高原レース開催

浅間牧場の一部と一般公道を使ったレースで、日本の近代モータースポーツの夜明けと言われた伝説のレースです。

先日、その浅間高原レースにホンダのライダーとして出場し、ライト級(250ccクラス)で2位となった谷口尚己さんに、当時のカップを見せていただきました。

第1回浅間高原レースの準優勝カップと谷口尚己さん
第1回浅間高原レースの準優勝カップと谷口尚己さん
浅間高原レースのカップと、左は1959年のマン島TTレース6位入賞の「シルバーレプリカ」と言われるトロフィー。
浅間高原レースのカップと、左は1959年のマン島TTレース6位入賞の「シルバーレプリカ」と言われるトロフィー。

そして、谷口さんのアルバムから、当時のホンダ白子工場前(現、埼玉県和光市)で撮った写真。

ホンダ白子工場前にて。浅間高原レースのカップと谷口尚己さん
ホンダ白子工場前にて。浅間高原レースのカップと谷口尚己さん

浅間でのレースだけでなく、マン島TTレースや当時のホンダのお話など、整理しきれないほどたくさんお聞きしましたので順次ご紹介していきます。