シャフト駆動に惚れ込んで「シャフトとV」伊藤正

1960年(昭和35年)のオートバイ誌4月号より。

「ライラック」を製造していた丸正自動車製造の伊藤正(いとう まさし)社長。

「オートバイに生きる(その3)」モノクロ写真6ページの特集。

…(略)…
自慢になりそで言わないが VにはVの良さがある
シャフトに シャフトの良さがある
かなしみも よろこびも マルでかこんだ 正 一文字
シャフト駆動に惚れ込んで スイもアマイもかみ分けた
シャフトに惚れて 12年 背骨に1本 つらぬいた
(伊藤 正 47才 丸正自動車製造株式会社社長)

個人的にはライラックとはまったく接点を持たないまま今日に至りますが、この時代の人のオートバイに賭ける情熱には、純粋かつ強烈な熱さを感じさせられます。

丸正自動車、伊藤正さんについては以下のサイトで。

1955年(昭和30年)第1回の浅間高原レースでは、伊藤史朗のライディングでホンダを打ち破ったライラック。
この時は、単気筒250ccのライラックSY。もちろんシャフトドライブ。

次々にオートバイメーカーが倒産していく激しい淘汰の時代。
これを機に躍進を果たしていくと思われたが…。

V型エンジンを投入したこの記事の頃にはすでに経営危機に陥っており、翌1961年(昭和36年)に倒産、和議で再建を図るも、結局昭和42年に廃業。


いつの時代も、生き残り賭けた戦いは厳しいもの。

ましてや、好きなこと、やりたいことを続けていくのは、乗り越えなければならない山は高く険しいのですね。

今でも長く愛されているライラック号。

最後にこの動画を。

浜松とオートバイ産業 – YouTube


昭和の日ということで

4月29日昭和の日。

ツイッターで「#昭和の日なので昭和っぽいことを呟こう」というハッシュタグがあったので(と言ってもいつも通りですが)、昭和のバイク雑誌からピックアップ。

月刊オートバイ 昭和35年4月号より。

表紙は新明和興業のポインター バイクレット125

オートバイ1960年4月号 ポインター バイクレット

裏表紙は、富士自動車の ガスデンFMC。
(「東宝とタイアップ映画『接吻泥棒』より」とあります。どんな映画だったのでしょうか……)
(追記:石原慎太郎原作の映画のようです→キネマ写真館

ガスデン

中の広告から一つ。
三輝工業の「125-S5 クインサンライト 125cc」

サンライト

当時の様子が垣間見える、団地や女性のファッション、自動車や町並み。

こういうのを合わせて見るのが面白いんです。


このオートバイ昭和35年4月号には、ライラックの丸正自動車の社長・伊藤正(まさし)さんの特集記事「シャフトとV」もあるので、またの機会にご紹介しようと思います。

 

 


「旅・冒険」がテーマの二輪文化ラジオ33(2017年2月)

二輪文化ラジオ33

二輪文化ラジオ33

2月の二輪文化ラジオは、「旅・冒険」をテーマに、Twiiterを中心にみなさんからお寄せいただいたエピソードをご紹介しながら番組をお送りいたしました。

前回からスタートした「二輪歴史調査隊」(前回は二輪文化調査隊)は、ライブ配信日の2月17日が誕生日である多田健蔵さん(1889年生まれ)を取り上げました。
昭和5年(1930年)にマン島TTレースを走った初の日本人です。相当な冒険野郎ですね。18歳の頃出場した自転車鉄人レースのエピソードも紹介しています。

「バイクマンガ探偵団」は、冒険レースマンガ「マッハ三四郎」(1960年)について。バイクマンガのルーツはここにあり。

ということで、YouTubeアーカイブ版をアップしました。
例によって1時間10分あまりあるので、何かをしながら聴いていただければと思います。

次回の二輪文化ラジオは、3月17日(金)夜9時頃からの予定です。
ぜひ会場の方にも遊びに来て下さい。


なかなか二輪文化ラジオ以外の活動ができず、やや悶々としておりますが、上手くバランスを取りながら続けていきたいと思っております。