谷口尚己さんのアルバムから

1959年(昭和34年)にホンダが初めてマン島TTレースに出場した時のライダーであり、同時に初出場で6位入賞、ロードレース世界選手権で初めてポイントを獲得した日本人ライダーでもある谷口尚己(たにぐちなおみ)さん。

その谷口さんから、貴重な当時の写真や資料をまとめたアルバムを見せていただいたので、こちらで随時紹介していきます。
(ホームページへの掲載は許可をいただいております)

たくさんの写真がありますので、順次掲載していきます。

またブログでのご紹介時は、年代が前後すると思いますがご了承ください。

1959年マン島TTレース初出場

1959年4月、羽田空港よりB.O.A.C.の最新型コメット機で出発。

左から、羽田を発つ、鈴木義一さん、鈴木淳三さん、谷口尚己さん、田中楨助さん。
左から、鈴木義一さん、鈴木淳三さん、谷口尚己さん、田中楨助さん。

B.O.A.C.とは英国海外航空のことで、当時のイギリス国営航空会社。今のブリティッシュ・エアウェイズの前身。(→ウィキペディア:英国海外航空
ついでに、最新型コメット機とは、デ・ハビランド社のコメットMk.IVでしょうか。(→ウィキペディア:デ・ハビランド_DH.106_コメット

今と違って、海外に行くのもまだまだ大変な時期ですね。

次は、お見送りする側。

TTレース初出場 羽田空港見送り 本田社長、藤沢専務、工藤所長
TTレース初出場 羽田空港見送り 本田社長、藤沢専務、工藤所長

出発は4月、レースは6月3日。
つまり、およそ1ヶ月以上前から現地入りして、下見と練習をしていたそうです。

マン島TT初出場までのエピソードは、同行したマネージャー飯田佳孝さんのインタビュー記事にも詳しく紹介されています。(→日本モーターサイクルレースの夜明け

運命の日:1959年6月3日 快晴

この年のTTレースはマウンテンコースではなく、クリプスコースで行われました。

また、レースは2台ずつのタイムアタック方式ではなく一斉スタートでした。

125cc級スタート(快晴)1959年(昭和34年)6月3日 PM1:00
125cc級スタート(快晴)1959年(昭和34年)6月3日 PM1:00
ブランディッシュコーナーでの力走
ブランディッシュコーナーでの力走

ブランディッシュコーナーとはコースのどのあたりか調べたところ、クレッグニーバー(よく写真で見るコーナーです)の次の左コーナー。

写真は右コーナーなので、ふと疑問に思い、さらに調べてみると…。

この区間はマウンテンコースとクリプスコースで共用する部分なのですが、クリプスコースで走る時は逆向きに走ることになるんですね。(→クリプスコース・コース図

よって右コーナーで正解というわけです。


写真はまだまだたくさんあります。
全部で何回に分けて掲載することになるか予測がつきませんが、数枚ごとにまとめて記事にしていく予定です。

次回をお楽しみに。


今月の二輪文化ラジオのテーマは「バイク女子」

今月のテーマは…

今月の二輪文化ラジオは、9月23日(金)夜9時ごろからです。

今月のテーマは、radio_28_pr

にゃんばちゃん「いちにちレディースライダー宿」ポスターモデル記念
「バイクの出てくるマンガや小説にみる”バイク女子”」特集
です。

poster

「いちにちレディースライダー宿」は埼玉県小鹿野町で行われるイベントです。

二輪文化ラジオのアシスタントMC難波祐香さんがそのポスターモデルを務めたので、それを絡めて「バイク女子」特集にしてみました。

そこで、バイクの出てくるマンガや小説に登場する女性キャラクターについて、みなさんの意見も交えて話をしましょう、という企画。

今回のテーマの「バイク女子」とは

ここでいう「バイク女子」とは、バイクが好きまたはライダーが好きという女性のこととします。

つまり、その女性登場人物が、バイクに乗る乗らないは問いません。

「バイクに乗らなくてもバイクが好きな人を増やしたい」
「バイクに乗っていなくても楽しめる映像付きラジオ番組」

と標榜しているくらいですから、ライダーである必要はないんです。バイクが好き、ライダーに憧れている、という女性キャラであればOK。

例えば、

バイクに乗る女性登場人物と言えば、最近なら言わずもがな「ばくおん」の女子高生たち、トップウGPの真音ちゃん、ジャジャのレナさん、恋ヶ窪ワークスのあやめ、バリバリ伝説の一ノ瀬美由紀(みぃ)、それにケンタウロスの伝説のレディも。あ、マルファンクションの千春ちゃんも(免許はないけど)。

乗らないほうは、750ライダーの委員長、バリ伝の歩惟ちゃん、あいつとララバイの友美ちゃん、あと、映画「汚れた英雄」の浅野温子演じるあずさ(木の実ナナでもいいけど)、などなど…

ご意見募集します!

男性なら、バイクに乗る女性と乗らない女性どちらが好みか、彼女にバイクに乗ってもらいたいか、それともタンデム専門?
女性なら、どんな女性キャラクターに憧れるのか、共感するのか、などなど。

漫画や小説で描かれるのは、作家の性別にもよるところが大きいと思いますが、そういったことも踏まえ、さらに皆さまからのご意見をご紹介しながら番組を進めてみたいと思います。

当日のUスト・ソーシャルストリームだけでなく、事前にツイッターやfacebook、メールでもご意見を募集します。

  • ツイッター:ハッシュタグ「#二輪文化ラジオ」を付けてツイートしてください
  • facebook:二輪文化ラジオのメッセージ募集の投稿にコメントしてください
  • メール:こちらのメールフォームから

たくさんのメッセージをお待ちしております!


ちなみに私は750ライダーの委員長が好みです(^^)

あと、汚れた英雄のあずさもね。

えっと、それから……


1964年 鈴鹿 18時間耐久ロードレース

伝統の耐久レース

ロードレース世界耐久選手権(EWC)の2017年シーズンは、来夏の鈴鹿8耐を最終戦にするため、9月のボルドール24時間耐久レースが開幕戦となりました。

このシリーズ戦に、日本からTrick Star RacingTSR の2チームがフル参戦。
そして開幕戦のボルドールで、Trick Star Racing が3位表彰台、TSRも5位入賞と、素晴らしい結果を残してくれました。

さて、最終戦となる鈴鹿8耐は2017年で40回目の開催。
でも、40年前に「8耐」になる前にも鈴鹿サーキットで耐久レースは行われていたのでした。

鈴鹿18時間耐久の速報記事
鈴鹿18時間耐久の速報記事(モーターサイクリスト1964年9月号より)

貴重な資料を送っていただきました

前回の「鈴鹿8耐その前史」で、何か情報をお持ちでしたら教えてくださいと書いたところ、亡くなったお父様が1964年の鈴鹿18時間耐久レースに出場していたという方から、当時のライダーゼッケンとメモリアルアルバムの写真を送っていただきました。

1964年(昭和39年)と言えば、東京オリンピックの年。
それに合わせて、東海道新幹線や東京モノレールができた年でもあります。
あ、ホンダのS600が発売された年でもありますね。
→ ウィキペディア 1964年

ライダーゼッケン。
当時は、車両にもゼッケンが付けられていましたが、ライダーも背中にゼッケンを付けていたんですね。

貴重な資料、ありがとうございます!

1964suzulak18h_2

夜8時にスタート、翌日の午後2時にゴールというレースは、夜にゴールする8耐とはまったく違ったドラマがあったことでしょう。

今度じっくり見せていただこうと思います。

また、走った方や関わった方のお話を聞いてみたいですね。