「モータリゼーションと自動車雑誌の研究」より

博物館・資料館のページの次に、これまた予てから作りたかった文献・資料のページの作成に取り掛かっています。

文献と言ってもいろいろあるのですが、その中でも、手にする機会が多く、参考になることも多いのが当時の自動車・二輪車の雑誌です。

昨年(2015年)11月の「多摩川スピードウェイ回顧展」の会場で自動車ジャーナリストである飯嶋洋治さんに初めてお会いしました。

対象は二輪車でなく自動車雑誌ですが、いろいろと参考になるので、その飯嶋さんの著書「モータリゼーションと自動車雑誌の研究」(グランプリ出版)をまずご紹介しておきます。

studyofmagazine

自動車が世に現れた明治の頃から、戦前戦後、高度経済成長期、オイルショックを経て、バブル景気とその崩壊、そして現在に至るまで、社会情勢と様々なテイストの自動車雑誌の栄枯盛衰とを照らしながらモータリゼーションを見ていくという切り口。

かつて自動車雑誌を少しでも読んだことがある人なら、それだけでなかなか楽しめる内容になっていると思います。

自分としても、モーターファン、月刊自家用車、CARグラフィック、モーターマガジン、ホリデーオート、ピットイン、カー&ドライバー、OPTION、CARBOY・・・何もかも皆懐かしい(今も続いているのもありますが)。

そしてもちろん、二輪車雑誌に置き換えたらどうなのか、二輪版もかなり面白い物ができるんじゃないのか、というのは常に頭から離れません。

モーターサイクリストのルーツ

戦後しばらくは、二輪車の方が普及していたこともあって、その頃までは二輪も四輪も同じ雑誌で扱われることが多かったようですが、その後、分離されていくため、この本でも二輪関係はほとんど出てきません。

しかし、戦後の項目にこんな記述がありました。

1952年には三栄書房の社員の大森正がバイク雑誌を発案。退社の後「モーターサイクリスト普及会」を設立し「モーターサイクリスト」を創刊した。「モーターファン」創刊時の編集長である八木弓郎は大森と行動を共にした。「モーターサイクリスト普及会」は、その後、酒井文人が主導することになる。

なるほどそんな経緯があったのですね。
モーターサイクリストのルーツがモーターファンにあったのは知りませんでした。
また、ライバル誌「月刊オートバイ」の創刊・復刊についての記述もあります。

個人的にはモータースポーツ誌についての章も読み応えがありました。

大河ドラマだ!

このように、一つのテーマで、人や出来事がどう関わり、物事がどう変化していったのかをまとめるのはとても意義のあることだと思います。

これも、いわゆる一つの大河ドラマですね〜。

単に時代を追いかけていくだけでは学校の教科書のようになってしまうので、二輪文化を伝える会としても、こういうところはおおいに参考にしたいと思っています。

amazon→モータリゼーションと自動車雑誌の研究

鈴鹿”ビッグ”2&4レース

最後にもう一つ。

モータースポーツ誌の章で、モーターファン編集部出身のジャーナリスト星島浩さんの鈴鹿”ビッグ”2&4レースに関してのエピソードが載っていますが、もうちょっと突っ込んだ星島さんご本人の思い出話があるのでぜひこちらも。

→いまだから話せる!?鈴鹿にイヤな顔をされそうな2&4レースの苦い思い出:クリッカー


オートバイの登場する小説・マンガ・ドラマ・映画〜二輪文化ラジオ

今年最初の二輪文化ラジオは、1月29日(金)夜9時からやります!

Uストリームでのライブ放送です。

チャンネルはいつもの「high-tide tv」をお借りします。

会場は川口オート正門前のライブハウス「CROSS ROAD 39」。
(会場に遊びに来られる方大歓迎!)

いろいろ試行錯誤中のこの二輪文化ラジオですが、2016年もどのようにやっていくか未だに定まっていません(汗)。

これまでどおり、レジェンドゲストをお呼びできる時はもちろん、そうでない時は現役のライダー(競技を問わず)を呼んでお話を聞いてみたり、二輪歴史浪漫に興味のある方々との(マニア)トークにと考えますが、それより何より、せっかくライブで放送するので、リアルタイムで聞いてくださる方を少しでも増やしたいですね。

それには事前告知と何かおもしろそうな企画がないと。。。

そこで。
私事ですが、処分したと思っていた本が、先日実家からいっぱい発掘されて、また読んでみたいなと思っているところでもあるので・・・

皆さんから、これまでに読んだオートバイの登場する小説・マンガ、さらにテレビドラマに映画にアニメなどの情報を募集したいと思います。

戦前・戦後、昭和・平成、時代の新旧は問いません。
有名無名も問いません。

ただし、オートバイが重要なアイテムとして位置付けられるものってことでお願いします。

どんなシーンが印象的だったとか、自分がどんな影響を受けたかとか、そんなコメントと共に教えていただけたら嬉しいです。

いただいたお話をもとに、放送中さらにそれを広げられたらいいなぁなんて思ってます。

情報をお知らせいただく方法は、こちらのメールフォーム、または、facebookページTwitterGoogle+LINE@ にてそれぞれ該当記事をご覧ください。

皆様からの情報、お待ちしております!

最後にもう一度。
今月の二輪文化ラジオは、1月29日(金)夜9時からです!
過去の放送分はこちらから

 


浅間高原レースから60年・・・3

2015年に開催から60年を数えた浅間高原レース(昭和30年11月開催)。

当時の写真を、「浅間高原レースから60年・・・1」「浅間高原レースから60年・・・2」とアップしてきましたが、今回はその3です。

写真はすべてホンダワークスライダーとしてマン島TTレース初挑戦で6位入賞を果たした谷口尚己さんの所蔵品です。

125ccクラス:No.104は高橋邦義選手(ホンダ)。後ろのNo.3は野口種晴選手(ヤマハ)
125ccクラス:No.104は高橋邦義選手(ホンダ)。後ろのNo.3は野口種晴選手(ヤマハ)
同じく高橋邦義選手。リアフェンダーに書かれた文字が見えますか?
同じく高橋邦義選手。リアフェンダーに書かれた文字が見えますか?

この高橋邦義さん、最後にエンジントラブルで2.5kmを押してゴールしたらしいです。

そしてリアフェンダーに書かれている文字は「ベンリイ」でした。

125ccクラスNo.20諏訪部昌志選手(ホンダ)
125ccクラスNo.20諏訪部昌志選手(ホンダ)
250ccクラス2位のトロフィーを持つ谷口尚己選手
250ccクラス2位のトロフィーを持つ谷口尚己選手
トロフィーの前でカップを持つホンダスピードクラブの面々。白子工場社長室前にて。
トロフィーの前でカップを持つホンダスピードクラブの面々。白子工場社長室前にて。写真裏に谷口さん直筆のメモ

この第1回の浅間高原レースのリザルトは、「日本モーターサイクルレースの夜明け」で見られます。

一番下の写真の裏には谷口尚己さん直筆のメモが貼ってありました。

「第一回浅間高原レース(1955年)白子工場社長室前にて」そして

「佐藤市郎 鈴木淳三 高橋邦良(義) 鈴木義一 大村美樹男(雄) 中村武夫 谷口尚己」

350ccクラス優勝の大村美樹雄さんのカップはひとまわり大きいですね。

マン島TTレースを模範に企画されたこの浅間でのレース。

一般公道を使ってのレースではありましたが、舗装路ではなく火山灰に覆われたダートコースでした。

さらに、ところどころ溶岩がむき出しになっていて、なかなかのスクランブルレース具合だったようです。

谷口さんも3度転倒してブレーキが効かなくなり、ゴール後に止まりきれずに北軽井沢郵便局にマシンごと飛び込んでしまった、なんていうエピソードも聞かせていただきました。


昭和30年代前半の浅間時代。

戦後の荒廃から復興へ、激化する競争と淘汰、その後の劇的なまでの高度経済成長へと、昭和史と照らしても激しくそしてエネルギッシュな時代でした。

それから60年。

これからも浅間時代の資料を紐解いて、随時アップしていきたいと思います。

最後に昭和30年当時の日本の道路事情の映像をどうぞ。