11月の二輪文化ラジオはマンクスGPライダー山中正之選手が4回目の登場

11月の二輪文化ラジオは、11月25日(金)夜9時頃からです!

いつものように川口オート正門前のライブハウス「CROSS ROAD 39」よりUstreamのhigh tide Radio のチャンネルをお借りしてお送りいたします。今回もすべて公開でやります。ギャラリー大歓迎です。

今回はゲストとして、昨年今年とマン島マンクスグランプリを走った山中正之選手とチームヤマナカのみなさんをお迎えいたします。

二輪文化ラジオvol.30:ゲストは山中正之選手
二輪文化ラジオvol.30:ゲストは山中正之選手とチームヤマナカのみなさん

山中選手は、今回で4回目の登場です。

初めは、マン島のレースに出場するぞ!ということで2014年の11月に(vol.8)。
そして、見事に初参加ニューカマークラスで2位表彰台に上ったすぐあとの2015年の9月が2回目(vol.17)。
3回目は、記念すべき”にゃんばちゃん”(二輪文化ラジオアシスタントMC難波祐香さん)初登場の回(今年の2月:Vol.21)でした。

4回目の今回は、2年目の挑戦だった今年のマンクスグランプリについて、山中選手だけでなく、さまざまな役回りでライダーと共に挑戦するチームヤマナカのスタッフの皆さんにもお話を伺っていきます。

もちろん、照準は来年のマン島TTレースです。

かつては、昭和5年(1930年)に多田健蔵さんが、昭和34年(1959年)にホンダがマン島に挑んだ時とは、TTレースの位置付けや取り巻く環境なども大きく変わっています。

危険な公道レースというイメージが先行しているマン島でのレースですが、山中選手にとってのマン島TTレースとはどんなレースなのか?
チームの皆さんにとって、マン島でのレース、山中選手の挑戦はどのように映っているのか?

ひとつひとつチャレンジし続けてきて、3年目にしてついにTTレースへのチャレンジが叶うのか?

山中正之マン島レースチャレンジサイト
山中正之マン島レースチャレンジサイト

11月25日(金)当日は、どなたでもお店に来て観覧することが可能です。
(ドリンク代1,000円、追加500円)

駐車場もあります。
ご来店お待ちしております!

視聴方法や会場については二輪文化ラジオのページで。


今月の二輪文化ラジオのテーマは「バイク女子」

今月のテーマは…

今月の二輪文化ラジオは、9月23日(金)夜9時ごろからです。

今月のテーマは、radio_28_pr

にゃんばちゃん「いちにちレディースライダー宿」ポスターモデル記念
「バイクの出てくるマンガや小説にみる”バイク女子”」特集
です。

poster

「いちにちレディースライダー宿」は埼玉県小鹿野町で行われるイベントです。

二輪文化ラジオのアシスタントMC難波祐香さんがそのポスターモデルを務めたので、それを絡めて「バイク女子」特集にしてみました。

そこで、バイクの出てくるマンガや小説に登場する女性キャラクターについて、みなさんの意見も交えて話をしましょう、という企画。

今回のテーマの「バイク女子」とは

ここでいう「バイク女子」とは、バイクが好きまたはライダーが好きという女性のこととします。

つまり、その女性登場人物が、バイクに乗る乗らないは問いません。

「バイクに乗らなくてもバイクが好きな人を増やしたい」
「バイクに乗っていなくても楽しめる映像付きラジオ番組」

と標榜しているくらいですから、ライダーである必要はないんです。バイクが好き、ライダーに憧れている、という女性キャラであればOK。

例えば、

バイクに乗る女性登場人物と言えば、最近なら言わずもがな「ばくおん」の女子高生たち、トップウGPの真音ちゃん、ジャジャのレナさん、恋ヶ窪ワークスのあやめ、バリバリ伝説の一ノ瀬美由紀(みぃ)、それにケンタウロスの伝説のレディも。あ、マルファンクションの千春ちゃんも(免許はないけど)。

乗らないほうは、750ライダーの委員長、バリ伝の歩惟ちゃん、あいつとララバイの友美ちゃん、あと、映画「汚れた英雄」の浅野温子演じるあずさ(木の実ナナでもいいけど)、などなど…

ご意見募集します!

男性なら、バイクに乗る女性と乗らない女性どちらが好みか、彼女にバイクに乗ってもらいたいか、それともタンデム専門?
女性なら、どんな女性キャラクターに憧れるのか、共感するのか、などなど。

漫画や小説で描かれるのは、作家の性別にもよるところが大きいと思いますが、そういったことも踏まえ、さらに皆さまからのご意見をご紹介しながら番組を進めてみたいと思います。

当日のUスト・ソーシャルストリームだけでなく、事前にツイッターやfacebook、メールでもご意見を募集します。

  • ツイッター:ハッシュタグ「#二輪文化ラジオ」を付けてツイートしてください
  • facebook:二輪文化ラジオのメッセージ募集の投稿にコメントしてください
  • メール:こちらのメールフォームから

たくさんのメッセージをお待ちしております!


ちなみに私は750ライダーの委員長が好みです(^^)

あと、汚れた英雄のあずさもね。

えっと、それから……


7月の二輪文化ラジオはまさに「鈴鹿8耐スペシャル」でした

7月の二輪文化ラジオはこれまでになく賑やかな放送になりました。

ゲスト&ギャラリーの皆さんと
たくさんのギャラリーの皆さんにも集まっていただきました

月刊ライディングスポーツ編集長の青木淳さんに加え、鈴鹿8耐初出場の若手ライダーおふたり、大久保光選手濱原颯道選手をゲストにお迎えしての鈴鹿8耐スペシャル。

さらに第1回鈴鹿8耐にも出場していた荘利光さん(第1回は糟野雅治さんとヨシムラレーシンググループからZ2で参戦)、80年代に4度の出場の新井亮一さん(根本健さんとDucatiでの参戦あり)、2000年から、大島正さんの遺志を受け、チーム監督として参加した小林ゆきさんにもお話を伺っています。

放送後の歓談タイムでは、先月予告したトラッパー大会。
さすが現役A級ライダー。抜群のバランス感覚と順応性を見せてくれました!

トラッパー大会
トラッパーに初挑戦の若手ライダー二人。さすがでした。

盛りだくさんの放送は1時間30分。
長いので何かをしながら聴いてみてください。

次回8月の放送は、8月26日(金)夜9時ごろからです。
こちらもお楽しみに。

>二輪文化ラジオ