鈴鹿8耐その前史

ブログ

今年で39回目の鈴鹿8時間耐久ロードレース。
来年は第40回の記念大会ですね。

その鈴鹿8時間耐久レース(通称:鈴鹿8耐)の第1回大会は1978年。

第1回大会からのリザルト等は、鈴鹿サーキットのホームページ「モータースポーツライブラリー」で見ることができます。

1978年と79年はインターナショナルレースとして開催されましたが、まだ世界選手権には組み込まれておらず、今の世界耐久選手権のシリーズ戦に加わったのは1980年から。

このこともwikipediaでも調べることができます。

7月の二輪文化ラジオの番組内でも話が出ましたが、鈴鹿サーキットでの耐久レースは、1978年を第1回とする8時間耐久レースよりも以前から行われていました。

※まだ調べ切れていないので不完全な情報であることを予めご了承ください。

今の鈴鹿8耐が始まる前年1977年は6時間耐久

1978年の第1回の鈴鹿8耐の前年、1977年は6時間耐久レースでした。

1974年から3年間、オイルショックの影響を受けて、耐久レースは開催されていなかったのですが、参加者や関係者からの要望で77年に6時間耐久として復活したそうです。(モビリティランド50年のあゆみ

全日本選手権の1戦として6月5日に開催されました。

こちらのfacebookページでレースの写真が見られます。

 

始まりは18時間、そして24時間耐久も

1962年に開業した鈴鹿サーキット。

2年後の1964年8月1〜2日には鈴鹿18時間耐久レースが開催されています。

たぶんこれが初めての鈴鹿サーキットでの耐久レースだと思われます。

鈴鹿18時間耐久の速報記事
鈴鹿18時間耐久の速報記事(モーターサイクリスト1964年9月号より)

スタートは夜の8時。翌日の昼2時がゴール。
想像ができませんね。

さらに翌1965年7月31日〜8月1日には、24時間耐久レースが開催されます。

24時間耐久は7月31日午後5時にスタートし、翌8月1日の午後5時がゴール。

この18時間耐久と24時間耐久については、ヨシムラ・レースの歴史の中にも少し記述があります

 

まだまだ調査中

1966年から1973年まではどのような形で耐久レースが開催されたのか、はたまた開催されなかったのか。

10時間耐久レースが1970年にあったようですが、その他はまだ調査中です。

もし何かご存知の方、当時の雑誌等の資料をお持ちの方、情報をいただければと思います。

よろしくお願いします。