レーシングライダーとしても活躍した片山義美さん

人物伝

片山義美さん。1940年5月15日生まれ。
マツダのロータリーエンジンの使い手として、数々のレースでのご活躍をご存知の方は多いと思います。

エキサイティングバイク「六甲伝説」ミリオンムック
エキサイティングバイク「六甲伝説」ミリオンムック

4輪レーシングドライバーの前には、レーシングライダーでもありました。

その実績は4輪でのご活躍に劣らない世界的なもの。

スズキのファクトリーライダーとして、
1965年
・ダッチTT(オランダGP) 125ccクラス2位/250ccクラス4位
・ベルギーGP 250ccクラス4位
1966年
・ダッチTT(オランダGP)50ccクラス5位
・東ドイツGP 125ccクラス2位
・フィンランド GP125ccクラス5位
日本GP 50ccクラス優勝/125ccクラス2位
1967年
・スペインGP 50ccクラス2位/125ccクラス3位
西ドイツGP 125ccクラス優勝
フランスGP 50ccクラス優勝/125ccクラス3位
ダッチTT 50ccクラス優勝/125ccクラス4位
・ベルギーGP 50ccクラス2位
1967年度50ccクラス世界ランキング2位

【参考】
・エキサイティングバイク「六甲伝説」ミリオンムック
1967年のロードレース世界選手権(wikipedia)

片山義美:エキサイティングバイク「六甲伝説」ミリオンムックより
エキサイティングバイク「六甲伝説」ミリオンムックより
木の実レーシング50周年
木の実レーシング50周年(2011.1)カワサキOB古谷さんのブログから

また「神戸木の実レーシングクラブ」の主宰として、多くのレーシングライダーも育成されてきました。

金谷秀夫さん、山本隆さん、歳森康師さん・・・

六甲山でのトレーニングは伝説にもなっています。

かねてよりご体調がすぐれないとのお話は伺っておりましたが、2016年3月26日永眠されました。

生前のご功績に感謝申し上げますとともに、ご冥福をお祈りいたします。