あの日の肖像画「多田健蔵」〜風まかせ

ブログ

今発売中の「風まかせ」No.54(クレタパブリッシング)

巻頭のカラーページは、4メーカーの企業博物館特集になっています。

ホンダコレクションホール、ヤマハコミュニケーションプラザ、スズキ歴史館、カワサキワールド。(→博物館・資料館

4メーカーの製品や技術のPRでもありますが、歴史がわかる数多くの展示物は、どのような歩みで現在があるのか、それを伝えてくれる貴重なものばかり。

いずれもぜひ一度訪れていただきたい施設です。

そして何より、二輪文化を伝える会が注目する記事は、「あの日の肖像画『多田健蔵』」。

風まかせNo.54(クレタパブリッシング)
風まかせ No.54(クレタパブリッシング)

サムライ多田健蔵

明治生まれの侍ライダーは、自転車レースでは鉄人と言われ、モーターサイクルに出会ってからは、昭和5年(1930年)にマン島TTレースに出場・完走を果たすという、世界に名を残した語り継がれるべき人なのです。

こうやって、多田健蔵さんのような人が、その実績や功績とともに取り上げられて、多くの人の目に触れ心に刻まれること。
それこそが、「人」が作ってきた文化という点において、とても意味があることだと思っています。

→多田健蔵:人物伝

スズキレースOB忘年会

他にも、年末に開かれた「スズキレースOB忘年会」の記事もありました。

多田健蔵さんの挑戦から33年後にマン島TTレースで優勝した唯一の日本人ライダー伊藤光夫さん、モトクロス界にこの人ありと言われた城北ライダース久保和夫さん、マウンテンライダース小嶋松久さんのお姿も。


博物館・資料館のページはなんとか立ち上がったので、今度は文献・資料のページを作りたいと思っている2016年の初頭です。