大正15年にもレースはやっていたのですよ!

2012年7月10日ブログ

時はまたまたはるかに遡って大正15年(1926年)。

大正15年は昭和元年でもあります。時代背景はこんな感じ(→Wikipedia 1926年)です。前年の大正14年(1925年)は普通選挙法が公布。25歳以上の男子に選挙権が与えられた年。
そんな頃。

大正15年9月19日に、愛知県の津島市の天王川グラウンドで行われた「全国オートバイ競争」。

 (ナレーションより)
外国選手を迎え撃つ、石原、水谷、丸金?の地元選手。
全長800mのコース。
観客は延べ20万人!?
プロ選手とアマチュ選手数百名が参加?
優勝は松岡選手。賞金は金十圓也。

(追加のナレーションより)
昭和42年まで19回開催された。主催はMC同志会。

映像からも池の周りの楕円コースのようなので、おそらくここでしょう。

大きな地図で見る

こういうの見るにつけ、あらためて思うんです。
日本人って、オートバイ好き・モータースポーツ好きな国民性なのだ!」ってね。