昭和34年 第1回全日本モトクロス大会(信太山)の貴重映像

2012年7月23日ブログ

1960年代 第1次モトクロスブームのところでも書きましたが、第1回全日本クラブマンレース(浅間コース)の翌年(昭和59年)4月19日に、大阪の信太山(しのだやま)特設コースで開かれたのが「第1回全日本モトクロス大会(MCFAJ)」。
初めてモトクロスという名前が使われた大会です。

その貴重映像を”静爺さん”にご提供いただきました!
(8mmで撮影、後にVHS、DVDへと焼き直したものです。)

通称「地獄谷」の様子や、当時18歳の北野元選手の姿も見られます。

今で言うエンデューロのようなレース展開ですねぇ。
マシンもライダーもまだまだ「モトクロス」になっていなくて、悪戦苦闘の様子がわかります。

レース結果は、
125ccクラス優勝:久保和夫(ヤマハYA-1、城北ライダース)
250ccクラス優勝:中尾保
251cc以上クラス優勝:藤井猛
オープンクラス優勝:北野元(ホンダMF350)
(「モトクロス黄金時代」より)

「二輪文化を伝える会」から

  • 1959年 第1回全日本モトクロス競技大会(MCFAJ)
関連リンク