〜二輪歴史浪漫〜 世界に誇る日本のオートバイの歴史を作ってきた方々の、夢と浪漫と冒険の物語
二輪文化を伝える会
Home > 歴史探訪 > 浅間高原自動車テストコース

歴史探訪

浅間高原自動車テストコース

(群馬県吾妻郡嬬恋村)

昭和30年代前半に浅間火山レースなどが開かれた日本初の本格的ロードコース(ダート)

昭和32年に完成 日本の近代モータースポーツの原点

1957年(昭和32年)に完成。
1957年に第2回浅間火山レース(全日本オートバイ耐久レース)、1958年に第1回全日本クラブマンロードレース、1959年に第3回浅間火山レース(全日本オートバイ耐久レース・全日本クラブマンロードレース)の舞台になりました。

その後は、コースの安全上の理由から、二輪の大きなレースは行われなくなり、テストコースとして使用されていましたが、昭和53年に群馬県に返還され一部を除き牧草地に戻されました。
残されたコースの一部は、現在もイベント・レースなどが行われています。

コース図・当時の航空写真

コース図
1971年の航空写真
1971年の航空写真

小説「汚れた英雄」の冒頭にも出てくる峠の茶屋と長野群馬県境

大藪春彦の小説「汚れた英雄」の冒頭シーン、主人公の北野晶夫がYA-1を載せたリヤカーをひき自転車のペダルを踏み込んでいたあのシーンに出てくる峠の茶屋と長野県と群馬県の県境。
ちなみにこの写真、そのシーンの舞台である第2回浅間火山レースのあった昭和32年10月19日(土)にあわせて、56年後の2013年10月19日(土)に訪れた時のものです。

峠の茶屋
峠の茶屋
長野群馬県境
長野群馬県境
長野群馬県境
長野群馬県境

閉鎖後は牧場に戻されたが、今もコースの一部がイベントなどで使われています

 

参考・関連リンク

Home > 歴史探訪 > 浅間高原自動車テストコース