Home > バイク年表 > 7月 第1回富士登山レース開催

日本のオートバイ年表(できごと)

1953年(昭和28年)7月 第1回富士登山レース開催

1953年(昭和28年)7月12日 第1回富士登山レース(正式名:富士登山軽オートバイ競争大会)開催

軽二輪・市販車によるタイムトライアル


表富士宮登山口から富士山2合目までを、軽二輪(4サイクル150cc、2サイクル90ccまで)の市販車で争われたこのレース。
優勝したのは名古屋の(株)藤田鉄工所のオートビットを駆る長岡勝選手でした。

2サイクル90cc以下はスズキ・ダイヤモンドフリーが最上位

上位は4サイクル150ccクラス勢が独占。2サイクル90cc以下クラス、いわゆる「原付・バイクモーター」部門の最上位は総合57位のスズキ・ダイヤモンドフリー号に乗る山下林作選手でした。

主催は富士宮市観光協会の観光客誘致レース

主催:富士宮市観光協会
後援:静岡県観光協会、毎日新聞社
協賛:富士宮市軽二輪自動車協会
というように、富士山の山開きを記念して開催された観光客誘致が目的のレースだったようです。
昭和31年まで4年間続きますが、だんだんメーカー間の性能競争・宣伝競争が激しくなり、本来の目的から遠くなったこともあって開催終了となります。

参考・関連リンク

Home > バイク年表 > 7月 第1回富士登山レース開催