Home > バイク年表 > 5月 鳴尾競馬場で第1回自動自転車競走会が開催される

日本のオートバイ年表(できごと)

1912年(明治45年)5月 鳴尾競馬場で第1回自動自転車競走会が開催される

兵庫県西宮市に関西初の競馬場である鳴尾競馬場ができ、そこで開催されたダートトラックのオートバイレースが日本初のオートバイレースと言われています。

日本で最初のオートバイレース?

1913年(大正2年)に兵庫県西宮市鳴尾の鳴尾競馬場で開催されたレースが、日本で最初のオートバイレースと言われています。いわゆるオーバルコースでのダートトラックレース。
エキシビジョン的レースは、この前にも上野不忍池で開催されていたようです。

競馬場などを使って全国でダートトラックレースが

鳴尾競馬場だけでなく、翌年には東京目黒競馬場で行われたそうです。
他にも東京上野の不忍池や、愛知県津島の天王川グラウンドなど。戦後は常設コース多摩川スピードウェイでも開催されていました。

鳴尾競馬場は戦時中接収され川西飛行場に

鳴尾競馬場は第2次世界大戦中に軍に接収され、川西航空機の飛行場となりました。その川西航空機は戦後、新明和興業となり、「ポインター」というオートバイを生産します。

Home > バイク年表 > 5月 鳴尾競馬場で第1回自動自転車競走会が開催される