酒井文人さんと多田健蔵さん

7月1日に「酒井文人&クラブマンレースを語る会」があるとのこと。
往年のライダーやレース関係者が集まるようです。

・・・酒井文人さん?

1958年(昭和33年)、メーカー主導の第3回浅間火山レースが延期になり、ならばアマチュアのレースをやろうということで、設立されたのがMCFAJ(全日本モーターサイクルクラブ連盟)。
その設立の中心人物がモーターサイクリスト創設者の酒井文人さん、というわけです。

そして一つ前のブログに書いた多田健蔵さん。
昭和5年にマン島TTレースを走った方です。

以下、「日本モーターサイクルレースの夜明け」に出ていた、『八重洲出版発行の「別冊モーターサイクリスト」(2003年9月~2004年2月号)掲載 戦後バイク史の証人たち(その10)』より。
(後半の「決勝前夜の抗議行動」のところ。)

本田さんによると、参加者たちの抗議は、まず車検を行っていた“わかさ会〝(当時の若手バイク商たちの集まりに持ち込まれたという。だが彼らには最終的な権限がないと分かり、結果として主催者の酒井文人(当時小社社長でMCFAJ初代理事長。故人)と、競技委員長の多田健蔵さん(戦前のスターライダーで、1930年に日本人として初めてマン島TTに出場。故人)が矢面に立たされた。

多田健蔵さんが、第1回全日本クラブマンレースの競技委員長だったのですよ!

知らなかったことと知らなかったことが知っていることで繋がったのでちょっと興奮してしまいました。
第1回全日本クラブマンレース
(画像はこちらのサイトから)

昭和5年にマン島TTレースを走った日本人

MCFAJとMFJについてWikipediaで調べていたら・・・。

MFJは設立当初、なんだかゴタゴタしていたようで、1950年に一度できているが崩壊して、1961年に新MFJができたとか。

で、気になったのが、初期のMFJの代表の多田健蔵さん。「1930年(昭和5年)に日本人として初めてマン島TTレースに出場した」とあります。

ワタクシ、正直、お名前すら存じ上げませんでした。
いや、ちょっと調べてみると、たぶんこれまでに何度も目にした事はあったのだと思いますが・・・。

しかし今になってみて、あらためていろいろ興味深い話が。

シベリア鉄道を使ってマン島まで40日かけて移動した、とか、ベロセットの350ccで15位で完走した、とか、表彰式には紋付袴で登場した、とか、のちのホンダのマン島挑戦にも尽力した、とか。

画像はこちらのブログ(FishTail Garage)から。
元はOld Timer誌かな?

多田健蔵さんについて、もう少し調べてみようと思います(人物伝にはこういった話を載せようかと)。
何かご存知の方は教えてください。


      H&W(ヒルデブラント ウント ボルフミューラー)号

      日本に初めて上陸したオートバイ、H&W(ヒルデブラント ウント ボルフミューラー)号って、どんなバイクだったのか?

      スゴい事に、走る現車がある?(レプリカかな?わかりません)
      YouTubeに動画がありました。

      オランダにあるのですかね。

      リアの駆動はこんななんですね。

      これが1896年・明治29年に日比谷を走ったのがお披露目だったようです。

      この動画はこちらのブログで見つけました。
      【参考】感染帝国