「モータリゼーションと自動車雑誌の研究」より

博物館・資料館のページの次に、これまた予てから作りたかった文献・資料のページの作成に取り掛かっています。

文献と言ってもいろいろあるのですが、その中でも、手にする機会が多く、参考になることも多いのが当時の自動車・二輪車の雑誌です。

昨年(2015年)11月の「多摩川スピードウェイ回顧展」の会場で自動車ジャーナリストである飯嶋洋治さんに初めてお会いしました。

対象は二輪車でなく自動車雑誌ですが、いろいろと参考になるので、その飯嶋さんの著書「モータリゼーションと自動車雑誌の研究」(グランプリ出版)をまずご紹介しておきます。

studyofmagazine

自動車が世に現れた明治の頃から、戦前戦後、高度経済成長期、オイルショックを経て、バブル景気とその崩壊、そして現在に至るまで、社会情勢と様々なテイストの自動車雑誌の栄枯盛衰とを照らしながらモータリゼーションを見ていくという切り口。

かつて自動車雑誌を少しでも読んだことがある人なら、それだけでなかなか楽しめる内容になっていると思います。

自分としても、モーターファン、月刊自家用車、CARグラフィック、モーターマガジン、ホリデーオート、ピットイン、カー&ドライバー、OPTION、CARBOY・・・何もかも皆懐かしい(今も続いているのもありますが)。

そしてもちろん、二輪車雑誌に置き換えたらどうなのか、二輪版もかなり面白い物ができるんじゃないのか、というのは常に頭から離れません。

モーターサイクリストのルーツ

戦後しばらくは、二輪車の方が普及していたこともあって、その頃までは二輪も四輪も同じ雑誌で扱われることが多かったようですが、その後、分離されていくため、この本でも二輪関係はほとんど出てきません。

しかし、戦後の項目にこんな記述がありました。

1952年には三栄書房の社員の大森正がバイク雑誌を発案。退社の後「モーターサイクリスト普及会」を設立し「モーターサイクリスト」を創刊した。「モーターファン」創刊時の編集長である八木弓郎は大森と行動を共にした。「モーターサイクリスト普及会」は、その後、酒井文人が主導することになる。

なるほどそんな経緯があったのですね。
モーターサイクリストのルーツがモーターファンにあったのは知りませんでした。
また、ライバル誌「月刊オートバイ」の創刊・復刊についての記述もあります。

個人的にはモータースポーツ誌についての章も読み応えがありました。

大河ドラマだ!

このように、一つのテーマで、人や出来事がどう関わり、物事がどう変化していったのかをまとめるのはとても意義のあることだと思います。

これも、いわゆる一つの大河ドラマですね〜。

単に時代を追いかけていくだけでは学校の教科書のようになってしまうので、二輪文化を伝える会としても、こういうところはおおいに参考にしたいと思っています。

amazon→モータリゼーションと自動車雑誌の研究

鈴鹿”ビッグ”2&4レース

最後にもう一つ。

モータースポーツ誌の章で、モーターファン編集部出身のジャーナリスト星島浩さんの鈴鹿”ビッグ”2&4レースに関してのエピソードが載っていますが、もうちょっと突っ込んだ星島さんご本人の思い出話があるのでぜひこちらも。

→いまだから話せる!?鈴鹿にイヤな顔をされそうな2&4レースの苦い思い出:クリッカー


第1回浅間高原レース開催までのいきさつ

先日見る機会に恵まれた別冊モーターサイクリスト創刊号に、モーターサイクリストの創設者でもある酒井文人さんと当時のライダーでもあった望月修さんが書いた浅間火山レースに関しての特集記事がありました。

昭和30年の第1回浅間高原レースの開催までのいきさつなど、地元の名士であり開催に尽力された星野温泉の星野嘉助さん(三代目)に取材したものでした。

CIMG4987

CIMG4992
酒井文人さんと望月修さんの浅間レースに関する特集記事(別冊モーターサイクリスト創刊号より)

妙義山ストーリー

上毛三山のひとつ、群馬・妙義山を個人所有していたのが柴垣はるさん。子供のいないはるさんは、親交のあった三代目星野嘉助さんに、山を今後どうするかを相談、嘉助さんの提案で群馬県に寄附することになりました。
嘉助さんは群馬県庁に何度も足を運び、昭和29年に妙義山は群馬県有となったのです。

CIMG4997
星野嘉助さんとその記事(別冊モーターサイクリスト創刊号より)

群馬県の協力

そんな一件から一年。第1回浅間高原レース(群馬県と長野県の公道を使用予定)を開催するために準備をすすめていたところ、長野県側が使うことができなくなりました。相談を受けた星野嘉助さんは、群馬県の公道と県の所有地である浅間牧場の施設道路を使用するために群馬県知事と折衝。妙義山のこともあり、群馬県から全面協力を取り付けたということです。

妙義山ストーリーについては、こちらのブログも。
浅間への小旅行(1) – つわものどもの夢のあと
(浅間も世界GPも走ったホンダの社員ライダー福田貞夫さんの息子さんのブログです)

上記のブログの記事中、大久保力さんの本の引用に出てくる星野嘉苗さん(元 軽井沢二輪資料館館長・故人)は三代目星野嘉助さんの甥。
当時まだ少年だった嘉苗さんは、嘉助さんの影響で二輪車にのめり込んだとのことです。

CIMG5001
望月修さんと星野嘉苗さん(別冊モーターサイクリスト創刊号より)

星野嘉助さんについて調べようとしたら、先月18日に亡くなったという訃報記事が。
(ご存命だったのかと一瞬思ったのですが、亡くなったのは星野リゾート前会長の四代目嘉助さん)
そして4月20日は星野嘉苗さんの命日であり、第1回浅間高原レースから46年後に世界チャンピオンに輝いた加藤大治郎選手の命日でもありました。
合掌。

74daijiro


「酒井文人とクラブマンレースを語る会」にて

NPO The Good Times理事長の古谷さんのはからいで、「酒井文人とクラブマンレースを語る会」の席に混ぜていただきました。

参加者の皆々様は、とにかく私にとっては伝説的なお名前の方ばかり。

こんな機会はそうはあるものではありません。

先輩方のお話を一字一句聞き漏らさぬよう、耳をそばだて、そしてこの「二輪文化を伝える会」についてもちょっとご説明させていただいたり。

とにかく今は興奮冷めやらずといったところです。

わたしたちライダーをはじめ、バイクに関わる者は、このような偉大な先人先輩たちの残してくれたものの上に今があることを噛み締めなくちゃいけませんね!

それにしてもレースっていいなぁってあらためて思いました!


あと偉大な大先輩が大々先輩の前で恐縮しているのも微笑ましい(^^)

Facebookページに会の様子の写真がありますのでぜひ見てください。


(松島)