マスターライダース忘年会2015

今年もお邪魔してまいりましたマスターライダース忘年会。

往年のレーシングライダーの方々を中心にした、バイクに関わる先輩や仲間たちの集まりです。

二輪文化ラジオでもお世話になっている川口オート正門前のCROSS ROAD 39には、今年も(開始予定よりもかなり早い時間から・笑)たくさんの皆さんが集まりました。

まずは大兄貴分の安良岡健さんのご挨拶と乾杯から。
まずはマスターライダースの大兄貴分、安良岡健さんのご挨拶と乾杯から。
ヤマハファクトリー関係の皆さん。本橋明泰さん、浅見貞男さん、そして遠く関西から江崎正さん、長谷川嘉久さん。
ヤマハファクトリー関係の皆さん。右から、本橋明泰さん(横顔)、浅見貞男さん、そして遠く関西から毛利良一さん(後ろ)、江崎正さん(マイク)、長谷川嘉久さん。

本橋さんはヤマハのファクトリーライダーとしてマン島のほか世界GPを走られたばかりでなく、日産のワークスドライバーとしてスカイラインGT-Rでも勝利を挙げています。
浅見さんは1978〜80年3年連続マカオGP優勝!
毛利さんは1976年エキスパート250、1977年エキスパート750のチャンピオン
江崎さんは1984年全日本F3、1975年エキスパート125のチャンピオン
長谷川さんは80年代のレースブームのあの時代にYZR500・YZR250を駆ったワークスライダー
もう皆さん私にとっては神のような存在です!

スズキ関係の皆さん。安良岡健さん、菅谷安智さん、酒井清孝さん、荘利光さん、五味渕安彦さん、斉藤仁さん。
スズキ関係の皆さん。左から、安良岡健さん、菅家安智さん、酒井清孝さん、荘利光さん、五味渕安彦さん、斉藤仁さん。

安良岡健さんが荘さんのことを「ホンダに移籍した浮気者」と紹介していましたが、安良岡さんは、スズキやカワサキのファクトリーライダーだけでなく、古くはトーハツのファクトリーライダーでもあり、実はヤマハやホンダのファクトリーマシンにも乗っていたという、実は一番の浮気者ということが発覚(笑)。

マカオの帝王、安良岡健さん(マイク)とマカオの夜の帝王?輝井嶂さん(左)
マカオの帝王、安良岡健さん(マイク)とマカオの夜の帝王?輝井嶂さん(左)

輝井さんには二輪文化ラジオでもお世話になりました。

MCFAJ(全日本モーターサイクルクラブ連盟)から理事長であり現役MXライダー新津栄一さん(中)、田口正光さん(右)。左は司会進行&バンマスのプライベートレーシング小寺義弘さん。
MCFAJ(全日本モーターサイクルクラブ連盟)から理事長であり現役MXライダー新津栄一さん(中)、田口正光さん(右)。左は司会進行&バンマスのプライベートレーシング小寺義弘さん。

新津さんのモトクロスの今年のゼッケンは「77」。来年は「78」。そう、年齢なんだそうです。

MCFAJ西山秀一さんのご子息である西山俊樹さん。
MCFAJの父・西山秀一さんのご子息である西山俊樹(トシ・ニシヤマ)さん。そして後ろでギターを弾くのは、ノガロレーシングでGP500、RTKでGP250を走った新井亮一さん
レジェンド中のレジェンド。世界のレジェンド。ホンダが初めてマン島TTレースに出場しチーム賞を獲得した時の立役者・谷口尚己さん。
レジェンド中のレジェンド。世界のレジェンド。ホンダが初めてマン島TTレースに出場しチーム賞を獲得した時の立役者・谷口尚己さん。

谷口尚己さんには、貴重な写真・資料を見せていただいたり、お話を聞かせていただいたりと、二輪文化を伝える会に大変にご協力いただいております。来年1月には80歳、傘寿のお祝いです。

ヤジマ製ヤマハTD1レプリカ?にまたがるワールドワイドMC本橋明泰さん
ヤジマスペシャル・ヤマハTD250レーサー(公道仕様)にまたがるワールドワイドMC本橋明泰さん。

ヤジマスペシャル・ヤマハTD250レーサー(公道仕様、RDエンジン、タンクに本橋さんサイン入り、For Sale! 詳しくはカロッツェリア・マチオヤジマまで♪ )

こんなシーンもそこここで。SRSスガヤ菅谷さんとSP忠男鈴木忠男さんのツーショットを撮影するJinPrize斉藤仁さん。
こんなシーンもそこここで。SRSスガヤ菅家さんとSP忠男鈴木忠男さんのツーショットを撮影するJinPrize斉藤仁さん。
30年くらいぶりの再会だそうです。GP500の苦労人・松本憲明さんと1984年全日本F3・1975年セニア125チャンピオン・江崎正さん
30年くらいぶりの再会だそうです。GP500の苦労人・松本憲明さんと1984年全日本F3チャンピオン・江崎正さん
会場であるCROSS ROAD 39のオーナー・荘利光さんのテナーサックス
会場であるCROSS ROAD 39のオーナー・荘利光さんのテナーサックス。渋い!
締めはMCFAJ田口さんです
締めはMCFAJ田口さんです

ほかにも紹介しきれないたくさんの先輩ライダーの方々が旧交を温めていらっしゃいました。

バンド演奏やマジックなどのショータイムもあって、あっという間の4時間あまりでした。

来年は二輪文化を伝える会としてちゃんとお手伝いしたいと思います。


菅家さんの漢字が間違っていました。お詫びして訂正いたします。
輝井嶂さんの敬称がなく呼び捨てにしてしまいました。大変失礼いたしました。お詫びいたします。


’72年8月 MCFAJ第1回むつ湾オートバイグランプリ

画像は和田将宏列伝より
画像は「和田将宏列伝」より

わずか2年で幕を閉じた「むつ湾インターナショナルスピードウェイ」でのレースについて、情報をいただいたので。

1972年8月19日・20日に開催されたそのレースは、MCFAJ主催の賞金レースだったとのこと。
メーカーの契約ライダーも、ワークス体制ではなくてクラブマンとしての出場だったようです。

(以下、モーターサイクリスト誌およびオートバイ誌の 72年10月号より抜粋)

“’72年8月 MCFAJ第1回むつ湾オートバイグランプリ” の続きを読む


[歴史探訪] 国土地理院の航空写真サービスで古きをたずねる

airphoto
国土地理院「地図・空中写真閲覧サービス」

わたくし、古い写真、特に街並みとか、あと、古地図とか見るの、好きなんです。

江戸時代とかもいいんですが、やっぱり昭和。

とくに昭和20年、30年、40年代。

それと航空写真。Google Mapとか、一晩中でも見ていられます。

さて、国土地理院の「地図・空中写真閲覧サービス」っていうのがあります。

このサイトで以前、わが町の古い航空写真とか見てたんです。

しばらく忘れていたんですが、先日ふと、自宅近辺の今は取り壊された建造物とともに撮られた70年代のオートバイのカタログを見た時に思い出したんです、このサービス。

有りましたよ、今はなき建造物の写った航空写真。
40年くらい前のものですかね。懐かしい・・・。

・・・ん、待てよ!?

なぜ気づかなかったんだ!

このサービスで、見られるものがいろいろあるぞ!

ということで、今はなき旧跡をこのサービスで探訪してみます。

“[歴史探訪] 国土地理院の航空写真サービスで古きをたずねる” の続きを読む