[歴史を追う3] 大正時代は輸入車が大半、初のレースも開催

1912年、年号は大正に変わります。

日露戦争(1904〜5年)が終わり、船舶や鉄道その他軍備など、どんどん輸入技術を吸収し国産化していきますが、オートバイは蚊帳の外。

それでも少しずつ、国内生産の動きは出てきますが、第1次世界大戦(1914〜18年)の間に、海外のオートバイの性能はさらに向上。
それに伴い輸入も増えてきたということもあって、この時期にオートバイレースが始まります。

富塚清氏の著書

CA3I0053この頃の様子を知るのに、「日本のオートバイの歴史」(富塚清・著)を参考にしています。
著者の富塚清さんは明治26年(1893年)生まれで、少年時代も含めてご自分の目で見たそして乗った当時のオートバイについて書かれているので、ただの資料とはちょっと違います。
島津楢蔵さんとも懇意にしていたとのことですし、説得力がありますね。

日本で最初のオートバイレース?

明治末期から外国製のオートバイの輸入が始まると、物好きな人たちはいつの時代にもいるもので、誰が速いか、どれが速いかってことになるものです。

1913年(大正2年)には、兵庫・鳴尾競馬場で最初のオートバイレースが行われたそうです。
(1914年とする資料もあります。)
競馬場でのいわゆるダートトラック、オーバルレースですね。
東京の目黒競馬場でも行われたそうです。

そして、オートバイの国産化に向けての動きも出てきます。

宮田製作所、国産初の市販車「アサヒ号」発売

asahi1914年(大正3年)に、宮田製作所が国産初の市販車「アサヒ号」を発売します。
すでに自転車を作っていた宮田製作所ですから、ある意味当然の試みと思われます。
このアサヒ号は、「黒バイ」として警視庁に納入されましたが、1916年には生産中止に。

大正12年 月刊オートバイ創刊

1923年(大正12年)、月刊オートバイが創刊されます。
そうです、今もつづくあのオートバイ誌です。

昭和15年の戦時統制から約15年休刊時期がありますが、老舗であることは間違いありません。
そして雑誌として出版できるくらいですから、愛好家はそれなりに広がっていたのだと思われます。

大正12年は、9月に関東大震災が起こった年です。

大正15年 第1回全国オートバイ競争の映像

1926年(大正15年)愛知県津島での「第1回全国オートバイ競争」の映像が残っています。
天王川公園の池の外周路で行われたようです。
外国選手も出場していたり、映像も残されているなどかなり本格的。
「全国」と名のつくレースとしては日本初なのかもしれません。

こういうレースを見て、やがて自分たちでもオートバイを作ってみたいという機運が高まったのかもしれません。

再び島津楢蔵さん

島津楢蔵さんは、1909年(明治43年)に国産初のオートバイNS号を完成させた後、しばらく航空機設計の世界に身を移します。
紆余曲折があり、大正末期にオートバイの世界に戻ってくるのですが、それに合わせたようにこの頃から昭和初期にかけオートバイの国産化が再び動き始めます。


← [歴史を追う2] 伝来、初の国産、外国車の輸入

[歴史を追う4] 昭和〜戦前 国産化促進とモータースポーツ →

 


日本で初めてのオートバイレース(エキシビション)

日本で初めてのオートバイレースは、1914年(大正3年)に鳴尾競馬場で開かれた、と言われています。

この鳴尾競馬場でのレースについてちょっと調べてみようとしたら・・・。

日本財団図書館で読める「公営競技の文化経済学」の「公営ギャンブルの歴史:五、オートレース」によると、

最初のレースは一九一〇(明治43)年一一月に不忍池のほとりで開かれた自転車競争の余興であった。オートレースとしては一九一四(大正3)年に兵庫県鳴尾競馬場で行われたのが最初で、翌年には東京目黒競馬場で行われている。

(オートレースといっても今のものとは違い、いわゆるダートトラックレース)
とあります。

大正3年の鳴尾競馬場でのレース以前にも、らしきもの(エキシビションレース?)はあったようですね。
で、「1910年 不忍池 自転車競争」で検索してみると、どうやらそれは「内外連合自転車競争運動会」という大会だったようです。

さらに、「内外連合自転車競争運動会 オートバイ 1910年」で検索すると、「日本自転車資料年表(江戸・明治編)」というページが見つかりました。が、そこには

1901年11月4日 時事新報 上野不忍池で自転車競走会の余興として 本邦初のオートバイ・レースが行われる

と書かれています。
ん?1901年?

画像は「上野観光連盟公式サイト」から

1910年か1901年か。単なる誤植か勘違いか。
オートバイの渡来は1903年だったと言われていたりもしたので、1901年は間違いなのかなぁ・・・。

今度は「不忍池 オートバイレース」で検索してみると、なんと島津楢蔵さんに繋がります。
モーターサイクル伝来」のところで参考にさせてもらった「私的二輪史研究『日本のオートバイの歴史』」での記述。

1903年(明治36年)
父親から米国製ピアス号自転車を買って貰う。桜島での自転車レースに出場
東京の不忍池で初めてオートバイを見る

むむむ。
しかも1903年?

ならば島津楢蔵さんの弟・山口銀三郎さんのお孫さんである山口宗久さんの「日本のモータリゼーションを作った明治の男の物語/島津楢蔵、山口銀三郎」に年表が出ていたから見てみよう。

すると

1900年(M33) 島津常次郎・楢蔵・銀三郎に自転車を買い与える
…楢蔵が、同年大阪桜島で開催された自転車レースに出場したり、東京上野不忍池で行われた自転車レースを見物するために上京し、余興として走行したモーターサイクルに感動したという記述もある。

おやおや?1900年?

ただこれは、実際に何年のことか定かでないようで、「ライト兄弟の自転車」のページには、

残念ながらこの写真には裏書きがなく、従って湯川氏の著述によると1900年(明治33年)、銀三郎のノートには高等小学校2年のとき、つまり1903年 (明治36年)とあり、またこのバン・クリーブという自転車の販売が開始されたのが1901年という記録もありで、今のところ正確な年が確定できない。

こうなると1910年より1901年のほうが有力な気がします。

この先は時事新報を調べるしかないですね。
ちなみに時事新報とは、福沢諭吉が創刊した日刊新聞です。慶応大学図書館に行くと発行新聞の全てが残っているそうです。
一般公開しているのかな?

  【人物伝】島津楢蔵 – 二輪文化を伝える会
 【amazon】公営競技の文化経済学 (文化経済学ライブラリー)