6月といえばマン島TTレース関連、そしてアキオ・・・

1959iom百年以上の歴史を持ち、かつては世界選手権(世界グランプリ)の一戦であり、毎年5月末〜6月にかけて行われるのが「マン島TTレース」。

戦後、ホンダを皮切りに日本メーカーが世界へのアピールの舞台としてこのマン島を選びました。
そのため、数々のエピソードもそこから生まれてくるわけです。

二輪文化を伝える会では「今日は何の日」として、さまざまな記念日をご紹介していますが、6月はマン島関連がたくさん出てきます。

Twitterへの投稿をピックアップしてみました。

1959年6月3日はホンダが初めてマン島TTレースに出場した日

谷口尚己さんが6位、鈴木義一さんが7位、田中楨助さんが8位、鈴木淳三さんが11位で、初出場でチーム賞も獲得しました。

1961年6月12日は、ホンダがマン島TTレースで初めて優勝

伝説のライダー、マイク・ヘイルウッドによる偉業達成。

1963年6月14日は伊藤光夫さんが日本人初優勝した日

6月16日は、昭和5年に多田健蔵さんが日本人で初めてマン島TTレースに出場した日

この時期、小説「汚れた英雄」の主人公・北野晶夫の命日もありました(6月11日)。
北野晶夫も、1959年ホンダの初参戦を現地で見ており、翌1960年には250ccクラスと350ccクラスで初出場初優勝を飾っています。

汚れた英雄ネタは、お父さん世代から上には非常にウケが良いので、また北野晶夫に頼ってみたいと思います。
(実際に浅間やマン島など、とても参考になることも多いので取り上げる価値ありなんです)


1964年のマン島TTレース50ccクラス

一つ前のエントリー「1963年スズキ世界GP・伊藤光夫さんマン島TT優勝の記録映像」のつづき。

1964年の世界GP第5戦イギリス・マン島TTレース50ccクラスの決勝のカラー映像です。

スズキとホンダ、クライドラーの他にトーハツも参戦してますね。
(正直クライドラーというメーカーについてほとんど知らない…)

これも当時のSUZUKIのエンジニア、中野広之さんの「1964年世界選手権レース」(日本モーターサイクルレースの夜明け)とあわせてどうぞ。

優勝はスズキのアンダーソン。予選トップの#18伊藤光夫さんはマシン不調で5位、連覇ならず。#7森下勲さんが3位。
Hondaの#18谷口尚己さんが6位、Suzukiの#2越野晴雄さんは3位につけていながら野ネズミを避け損なって転倒リタイヤ。


1963年スズキ世界GP・伊藤光夫さんマン島TT優勝の記録映像

1963年(昭和38年)に世界GPを戦ったスズキの記録映像です。

エンジン音も当時の本物みたいですね。50ccの甲高いエキゾーストノートが聞けます。
Hondaでは125ccで高橋国光さんも走っています。

Part1は、第1戦スペイン(バルセロナ)、第2戦西ドイツ(ホッケンハイム)、第3戦フランス(グレルモンフェラン)、第4戦イギリス(マン島)の紹介まで。
Part2は、第4戦イギリス(マン島)の125ccと50ccの予選と決勝。

このマン島TTレース50ccクラスでスズキの伊藤光夫さんが日本人として初優勝したのです。
日の丸が揚がってます! 君が代が流れてます!

素晴らしい!

当時のスズキのエンジニア中野広之さんの「TTレ-ス伊藤光夫優勝、50・125ccダブルタイトル獲得」(日本モーターサイクルレースの夜明け)もあわせてどうぞ。