幻のライダー伊藤史朗とヤマハ発動機創業者川上源一

伊藤史朗(サイクルワールド1984年6月号より)

「オレは日本のために、川上源一のためにやった。死んでもいいと思って、走ったんだ」

伊藤史朗(サイクルワールド1984年6月号より)

先日のフランスGPでヤマハが世界グランプリ500勝を達成。
そのはじめの一歩を記したのは、1963年ベルギーGP250ccクラスで優勝した伊藤史朗選手でした。

1963年ベルギーGPで優勝(「伊藤史朗の幻」より)

その後、とある事件をきっかけにして、追われるように、いや本人曰く「日本を蹴飛ばして」アメリカに渡った伊藤史朗。

冒頭の言葉は、その伊藤史朗さんがのちに残したもの。

川上源一さんはヤマハ発動機の創業者。
インタビュー記事の中で史朗は「川上源一だけがヤマハの中で唯一”魂”を持った人だった」と言っています。

川上源一(ヤマハ発動機創業者)

そんな二人の「魂」から始まったヤマハのグランプリ挑戦ヒストリー。

5月25日は、その川上源一さんの命日でした。

 


浅間高原レースの覇者、伝説のライダー「伊藤史朗の幻」

IMG_2282_s昭和30年の第1回浅間高原レース。

ライトウエイト(250cc)クラスの優勝は、大方の予想に反して、若冠16歳の少年、ライラックを駆る伊藤史朗選手でした。

その後、ヤマハと契約して世界GPも走り、1963年にはヤマハにGP初勝利をもたらした彼ですが、拳銃不法所持で訴追されやがて失踪・・・。

小林信也著「伊藤史朗の幻」(CBS・ソニー出版)を読みました。

現役ライダー時代の話というよりは、失踪に至るまでの経緯やその後のアメリカでの生活について、後に伊藤史朗さん本人の口から語られた内容になっています。

小説「汚れた英雄」は、ご本人も登場するとはいえ、かなりの部分で伊藤史朗さんをモデルに書かれていると感じました。

最愛の母との別れ、ワルかった少年時代、レースで活躍し派手で豪快な生活、それでいて繊細でちょっと影があって・・・。

第2回の浅間火山レースに出るために、他社のライダーの走りをこっそり見て研究している様は、北野晶夫のそれと完全にダブります。

映画でのワンシーン、部屋中をバラでいっぱいにするあのシーン、実は伊藤史朗さんは自分でホテルの部屋までバラの花を運んで実際にやったのだそうです。

でも。
総じて漂う儚さ。

この本のラストも、含みをもたせているとはいえ、それが実現しなかったであろう儚さが胸を締め付けます。

なかなか手に入らない本だとは思いますが、是非読んでいただきたい一冊です。


[歴史を追う10] 浅間の時代のはじまり

画像は「日本モーターサイクルレースの夜明け」から。250クラスで優勝したライラックに乗る伊藤史朗
画像は「日本モーターサイクルレースの夜明け」から。250クラスで優勝したライラックに乗る伊藤史朗

浅間の時代。

日本のレーシングスポーツの黎明期を代表するレースであり時代です。

大藪春彦の小説「汚れた英雄」の冒頭シーンは、完成したばかりの浅間高原テストコースで開催された第2回浅間火山レース。
晶夫が自転車で引くリヤカーに掛けられたシートの下にはヤマハYA-1・・・。

そんな浅間の時代を足早に・・・。
“[歴史を追う10] 浅間の時代のはじまり” の続きを読む