第1回浅間高原レース開催までのいきさつ

先日見る機会に恵まれた別冊モーターサイクリスト創刊号に、モーターサイクリストの創設者でもある酒井文人さんと当時のライダーでもあった望月修さんが書いた浅間火山レースに関しての特集記事がありました。

昭和30年の第1回浅間高原レースの開催までのいきさつなど、地元の名士であり開催に尽力された星野温泉の星野嘉助さん(三代目)に取材したものでした。

CIMG4987

CIMG4992
酒井文人さんと望月修さんの浅間レースに関する特集記事(別冊モーターサイクリスト創刊号より)

妙義山ストーリー

上毛三山のひとつ、群馬・妙義山を個人所有していたのが柴垣はるさん。子供のいないはるさんは、親交のあった三代目星野嘉助さんに、山を今後どうするかを相談、嘉助さんの提案で群馬県に寄附することになりました。
嘉助さんは群馬県庁に何度も足を運び、昭和29年に妙義山は群馬県有となったのです。

CIMG4997
星野嘉助さんとその記事(別冊モーターサイクリスト創刊号より)

群馬県の協力

そんな一件から一年。第1回浅間高原レース(群馬県と長野県の公道を使用予定)を開催するために準備をすすめていたところ、長野県側が使うことができなくなりました。相談を受けた星野嘉助さんは、群馬県の公道と県の所有地である浅間牧場の施設道路を使用するために群馬県知事と折衝。妙義山のこともあり、群馬県から全面協力を取り付けたということです。

妙義山ストーリーについては、こちらのブログも。
浅間への小旅行(1) – つわものどもの夢のあと
(浅間も世界GPも走ったホンダの社員ライダー福田貞夫さんの息子さんのブログです)

上記のブログの記事中、大久保力さんの本の引用に出てくる星野嘉苗さん(元 軽井沢二輪資料館館長・故人)は三代目星野嘉助さんの甥。
当時まだ少年だった嘉苗さんは、嘉助さんの影響で二輪車にのめり込んだとのことです。

CIMG5001
望月修さんと星野嘉苗さん(別冊モーターサイクリスト創刊号より)

星野嘉助さんについて調べようとしたら、先月18日に亡くなったという訃報記事が。
(ご存命だったのかと一瞬思ったのですが、亡くなったのは星野リゾート前会長の四代目嘉助さん)
そして4月20日は星野嘉苗さんの命日であり、第1回浅間高原レースから46年後に世界チャンピオンに輝いた加藤大治郎選手の命日でもありました。
合掌。

74daijiro


浅間高原自動車テストコースの写真

昭和32年に作られた浅間高原自動車テストコース。

第2回浅間火山レースが開催され、翌年昭和33年には、MCFAJ第1回全日本クラブマンロードレースが、さらに昭和34年に、第2回クラブマンレースと第3回浅間火山レース同時開催・・・。

そして大藪春彦の小説「汚れた英雄」の冒頭シーンほかで登場する、北野晶夫がリヤカーにレーシングマシンを載せて現れたあの浅間のコースです。

日本のオートバイレースの原点とも言うべきコースですが、上記のわずか3年間のみレースで使用され、あとはテストコースとして利用、その後数年で役目を終えてしまったというはかない歴史があります。

その浅間のコースを昭和44年当時にコース内で撮った写真が公開されています。

当時月刊モーターサイクリストのリポーターをされていたという夢地蔵さんのサイトです。

写真提供:atelier yumejizo

火山灰で雨が降るとスゴイことになるらしいですが(第1回全日本クラブマンレース)、コンディションのいい時なら走ってみたいようなコースですね!


浅間から鈴鹿へ。そして「カワサキ」の登場

今年、鈴鹿サーキットは開場50周年。
1962年(昭和37年)の9月にオープンしたわけです。

浅間から鈴鹿サーキットオープンまで、どんな流れだったかをおさらいしてみます。

浅間高原自動車テストコースができて第2回浅間火山レースが開催されたのは1957年(昭和32年)。その後クラブマンレースも含め、1959年(昭和34年)まで浅間のコースでレースが開催されます。

画像は「浅間火山レース2 – 日本のモータースポーツ黎明期物語 砂子義一伝説」より

浅間でのレースの成果でオートバイの性能も上がる反面、技術競争や販売競争に敗れたメーカーがだんだんと二輪車事業から撤退・廃業することに。

そして早くも1960年(昭和35年)にはコースの安全性や、コースを舗装するにはお金がかかりすぎる等の理由で、浅間高原テストコースでのレースの開催はされなくなってしまうのです。

すでに同じ時期、ホンダ、スズキ、ヤマハの各社は、マン島TTレースをはじめ世界グランプリに出場するようになっていて、日本にも舗装コースの必要性が求められてきました。

そこでホンダが鈴鹿に国際レーシングコースの建設を計画。1961年(昭和36年)に着工、1962年(昭和37年)9月に竣工、11月にはこけら落としとして第1回全日本ロードレース大会が開催されたのでした。

画像は「鈴鹿サーキット50年の歴史」から

ここで、速遅速遅密疎密疎(はおはおみそみそ)資料-5 メーカー別生産台数を見てみると、この1962年前後に、宮田製作所・丸正自動車・メグロ(カワサキに吸収)・平野製作所・トーハツ・山口自転車などが撤退しています。

ところで、カワサキの名があまり表に出て来ません。

1953年(昭和28年)に、当時の川崎航空機が明発工業を設立し、エンジンを供給して二輪車製造(メイハツ)には関わって来ましたが、「カワサキ」の名が出てくるのは、1961年にメイハツとメグロ販売を吸収してカワサキ自動車販売ができてからということでしょうか。(Team Green 平井稔男元監督のブログより)

ここからのカワサキの詳しい内部の動き(!)は、川崎重工OBでありNPO法人TheGoodTimes理事長の古谷錬太郎さんが、ブログ「雑感日記」の中で「二輪文化を伝える会」のために纏めてくださった「鈴鹿50周年と当時のカワサキ(第1回)」「鈴鹿50周年と当時のカワサキ(第2回)」でいろいろ知ることができますよ!