1958年カタリナGPとヤマハWGP参戦50周年サイト

今年は鈴鹿サーキット開場50周年だったり、カワサキZ1発売40周年だったりしますが、昨年(2011年)はヤマハが世界グランプリ参戦50周年でした。

その特設サイト「ヤマハWGP参戦50周年記念スペシャルサイト」がかなり充実していて見応えがあります。

年代別の解説、ワークスライダー・ワークスマシン一覧、時代ごとのストーリー。ずっと残しておいて欲しいサイトです。

世界グランプリへの参戦は、ホンダ、スズキに次いで1961年からとなりますが、その前の1955年の富士登山レース、1958年のアメリカ・カタリナGP参戦についても触れられています。

伊藤史朗がトラブルを抱えながら6位に入賞したカタリナGPの動画。


第1回全日本クラブマンレースの参加クラブ一覧

1958年(昭和33年)の第1回全日本クラブマンレース(浅間高原テストコース)に参加した全国のクラブ一覧です。
「酒井文人&クラブマンレースを語る会」(2012.7.1)の会場で流れた記録映像から。

イロハ順(渋い!)
ハイスピリッツM.C.C(東京)、88M.C(東京)、日本M.C.アマチュア(東京)、
ホンダスピードC.(東京)、凡々C.(神奈川)、東京トライアルC.(東京)、東京オトキチC.(T.O.C)(東京)、東京サイクロンC.(東京)、東京ピストンC.(東京)、千曲M.C.C.(長野)、沼津モーターC.(静岡)、大阪車友会(大阪)、オールジャパンM.C.C.(東京)、オール千葉M.C.C.(千葉)、ワールドワイドM.C.C.(東京)、和歌山愛輪C.(和歌山)、神楽坂M.C.C.(東京)、カナガワナイト(神奈川)、タイガースターC.(東京)、高崎オートC.(群馬)、ツアーM.C.C.(東京)、長野単車マニアーズ(長野)、ノーリミットM.C.C.(東京)、クマンバチC.(東京)、クラブペースメーカー(神戸)、ヤマハ中古車部M.C.C.(東京)、福島スポーツライダー(福島)、ファルコンM.C.C.(埼玉)、コマンド・オブM.C.(大阪)、エーコンM.C.C.(神奈川 )、ICMB.C(東京)、三多摩ホンダ友の会(東京)、北軽M.C.C.(群馬)、ギャルソンM.C.C.(東京)、目黒M.C.C.(東京)、ミナトヤマハC.(東京)、シェパードM.C.C.(東京)、城北ライダース(東京)、ジュニアスポーツC.(東京)、J.T.C.(東京)、ジャガーM.C.C.(埼玉)、ジョンソンロードナイト(埼玉)、モートマックC.(大阪)、スインギングアマーズ(大阪)、スポーツライダー(神奈川)
以上45クラブ


「私のお父さん、このクラブのメンバーでした!」なんて話が出てきたら面白いですが・・・。


第1回全日本クラブマンレースの映像

第1回全日本モーターサイクルクラブマンレース。
1958年(昭和33年)、場所は浅間高原自動車テストコース。

貴重な映像ですよね。
どこにどう保存されてた映像なのでしょうか??

ナレーションによると、
第1レースの125ccクラス、スタート時刻は午前9時20分。
レースは参加14名。コースを2周(18.802km)。
観衆は2万人あまり。
優勝は鈴木三郎選手(ヤマハ・YA-1)、優勝タイムは14分53秒3、平均時速75.3km/hでした。

「汚れた英雄」の冒頭シーンのいわゆる浅間火山レース(浅間高原レース)ではなくて、その3年後の晶夫が浅間で初優勝するほうのレースです。

ちなみに350ccクラスで優勝したのが高橋国光さん(BSA)(トライアンフ?)。