5月の「今日は何の日」

5月の「今日は何の日」をまとめて。

5月の「今日は何の日?」

1961年5月14日高橋国光、西ドイツGP優勝モータースポーツ関連が多くなりますが、その中でもやはり1961年5月14日の「高橋国光さんが西ドイツGPで日本人として世界GP初優勝を飾った日」というのが広く多くの方々に知っていただきたい日ではないでしょうか。

ホンダの1959年のマン島TTレース初挑戦からわずか3年目。並み居る強豪ライダーを抑えての日本人の優勝はまさに快挙です。
世界GPでの日本人ライダーの優勝記録はすべてこの時から始まったというわけです。

 

その他にも、ヤマハ発動機の創業者であり、元々の楽器のヤマハの4代目社長として音楽の普及にも尽力された川上源一さんの命日が5月25日。

そのヤマハ発動機の初期のワークスライダーとして活躍され、後に数多くのライダーを育てた野口種晴(のぐちたねはる)さんは、5月15日が誕生日で12日が命日です。

5月1日は、ホンダスピードクラブのメンバーとして、浅間火山レースやマン島をはじめとして世界選手権でも活躍した島崎貞夫さんの命日。

同じく1日は、1993年ロードレース世界グランプリGP250クラスを走っていた若井伸之選手がスペインGPの予選中の事故で亡くなった日でもあります。
(ヘレスサーキットには彼の愛称だったフラミンゴのモニュメントが今もコースを見守っています)

1975年5月4日には、ヤマハで世界グランプリを走っていた金谷秀夫さんが、オーストリアグランプリで、GP500クラスとGP350クラスでダブル優勝を達成。

詳細は、今日は何の日(5月)のそれぞれのリンク先からどうぞ。


できるだけ当日にも「今日は何の日」として、SNSでお知らせしていく予定です。

ぜひ、SNSネタ、営業ネタ、朝礼ネタ、世間話として、多くの人に伝えていただければと思います。

記念日の情報(基本的に昭和時代までの「人」に関するもの)がありましたら、メールフォームなどからご連絡いただけると助かります。


5月15日にまつわる話・野口種晴さん、野村順亮さん、ケン鈴木さん

野口種晴さんの生まれた日

画像は「浅間から世界GPへ:昭和ライダー列伝」(八重洲ムック)より
画像は「浅間から世界GPへの道」の昭和ライダー列伝(八重洲出版)より

「今日は何の日?」をスタートさせた3日前の5月12日は、ヤマハ初代ワークスライダーであり、名門スポーツライダーの代表だった野口種晴さんの命日でした。

そして今日、5月15日は野口さんの生まれた日(昭和8年)。

スポーツライダーと言えば、平忠彦さんをはじめ、ヤマハ系のライダーを一手に面倒を見ていた名門チーム。

当時のライダーの方々にお話を伺うと、必ず野口さんに行き当たります。

野口種晴さんの義兄・野村順亮さん

その野口種晴さんの義兄である野村順亮(のぶあき)さん。
御年93歳。
野村モータ ースの創業者である野村さんがどれほど日本のオートバイ界に功績を残した方なのかは
東信亨さんのfacebookから。


軽井沢のペンション「シルバーストーン」

もうひとつ。

ケン鈴木(鈴木健夫)さん。
かつてトーハツ、ブリヂストンでエンジニアを務め、その後イタリアへ渡りピアッジオへ。そしてヨーロッパでカワサキGPチームの監督に。
1978、79年には、ライダーのコーク・バリントンと共に、カワサキKR250と350で、世界グランプリGP250・350クラスのダブルチャンピオン2連覇という栄光に輝きました。

カワサキのGP撤退と同時に引退し、軽井沢にペンション「シルバーストーン」を開業されたのが、30年前の今日(5月15日)とのことです。

30周年おめでとうございます!

このペンション「シルバーストーン」にはマニア垂涎のお宝がいっぱい・・・。

さて、明日5月16日は・・・

IMG_0730東京オトキチクラブの会長・堀 雄登吉(ほり おときち)さんのお誕生日です。