マスターライダース忘年会2015

今年もお邪魔してまいりましたマスターライダース忘年会。

往年のレーシングライダーの方々を中心にした、バイクに関わる先輩や仲間たちの集まりです。

二輪文化ラジオでもお世話になっている川口オート正門前のCROSS ROAD 39には、今年も(開始予定よりもかなり早い時間から・笑)たくさんの皆さんが集まりました。

まずは大兄貴分の安良岡健さんのご挨拶と乾杯から。
まずはマスターライダースの大兄貴分、安良岡健さんのご挨拶と乾杯から。
ヤマハファクトリー関係の皆さん。本橋明泰さん、浅見貞男さん、そして遠く関西から江崎正さん、長谷川嘉久さん。
ヤマハファクトリー関係の皆さん。右から、本橋明泰さん(横顔)、浅見貞男さん、そして遠く関西から毛利良一さん(後ろ)、江崎正さん(マイク)、長谷川嘉久さん。

本橋さんはヤマハのファクトリーライダーとしてマン島のほか世界GPを走られたばかりでなく、日産のワークスドライバーとしてスカイラインGT-Rでも勝利を挙げています。
浅見さんは1978〜80年3年連続マカオGP優勝!
毛利さんは1976年エキスパート250、1977年エキスパート750のチャンピオン
江崎さんは1984年全日本F3、1975年エキスパート125のチャンピオン
長谷川さんは80年代のレースブームのあの時代にYZR500・YZR250を駆ったワークスライダー
もう皆さん私にとっては神のような存在です!

スズキ関係の皆さん。安良岡健さん、菅谷安智さん、酒井清孝さん、荘利光さん、五味渕安彦さん、斉藤仁さん。
スズキ関係の皆さん。左から、安良岡健さん、菅家安智さん、酒井清孝さん、荘利光さん、五味渕安彦さん、斉藤仁さん。

安良岡健さんが荘さんのことを「ホンダに移籍した浮気者」と紹介していましたが、安良岡さんは、スズキやカワサキのファクトリーライダーだけでなく、古くはトーハツのファクトリーライダーでもあり、実はヤマハやホンダのファクトリーマシンにも乗っていたという、実は一番の浮気者ということが発覚(笑)。

マカオの帝王、安良岡健さん(マイク)とマカオの夜の帝王?輝井嶂さん(左)
マカオの帝王、安良岡健さん(マイク)とマカオの夜の帝王?輝井嶂さん(左)

輝井さんには二輪文化ラジオでもお世話になりました。

MCFAJ(全日本モーターサイクルクラブ連盟)から理事長であり現役MXライダー新津栄一さん(中)、田口正光さん(右)。左は司会進行&バンマスのプライベートレーシング小寺義弘さん。
MCFAJ(全日本モーターサイクルクラブ連盟)から理事長であり現役MXライダー新津栄一さん(中)、田口正光さん(右)。左は司会進行&バンマスのプライベートレーシング小寺義弘さん。

新津さんのモトクロスの今年のゼッケンは「77」。来年は「78」。そう、年齢なんだそうです。

MCFAJ西山秀一さんのご子息である西山俊樹さん。
MCFAJの父・西山秀一さんのご子息である西山俊樹(トシ・ニシヤマ)さん。そして後ろでギターを弾くのは、ノガロレーシングでGP500、RTKでGP250を走った新井亮一さん
レジェンド中のレジェンド。世界のレジェンド。ホンダが初めてマン島TTレースに出場しチーム賞を獲得した時の立役者・谷口尚己さん。
レジェンド中のレジェンド。世界のレジェンド。ホンダが初めてマン島TTレースに出場しチーム賞を獲得した時の立役者・谷口尚己さん。

谷口尚己さんには、貴重な写真・資料を見せていただいたり、お話を聞かせていただいたりと、二輪文化を伝える会に大変にご協力いただいております。来年1月には80歳、傘寿のお祝いです。

ヤジマ製ヤマハTD1レプリカ?にまたがるワールドワイドMC本橋明泰さん
ヤジマスペシャル・ヤマハTD250レーサー(公道仕様)にまたがるワールドワイドMC本橋明泰さん。

ヤジマスペシャル・ヤマハTD250レーサー(公道仕様、RDエンジン、タンクに本橋さんサイン入り、For Sale! 詳しくはカロッツェリア・マチオヤジマまで♪ )

こんなシーンもそこここで。SRSスガヤ菅谷さんとSP忠男鈴木忠男さんのツーショットを撮影するJinPrize斉藤仁さん。
こんなシーンもそこここで。SRSスガヤ菅家さんとSP忠男鈴木忠男さんのツーショットを撮影するJinPrize斉藤仁さん。
30年くらいぶりの再会だそうです。GP500の苦労人・松本憲明さんと1984年全日本F3・1975年セニア125チャンピオン・江崎正さん
30年くらいぶりの再会だそうです。GP500の苦労人・松本憲明さんと1984年全日本F3チャンピオン・江崎正さん
会場であるCROSS ROAD 39のオーナー・荘利光さんのテナーサックス
会場であるCROSS ROAD 39のオーナー・荘利光さんのテナーサックス。渋い!
締めはMCFAJ田口さんです
締めはMCFAJ田口さんです

ほかにも紹介しきれないたくさんの先輩ライダーの方々が旧交を温めていらっしゃいました。

バンド演奏やマジックなどのショータイムもあって、あっという間の4時間あまりでした。

来年は二輪文化を伝える会としてちゃんとお手伝いしたいと思います。


菅家さんの漢字が間違っていました。お詫びして訂正いたします。
輝井嶂さんの敬称がなく呼び捨てにしてしまいました。大変失礼いたしました。お詫びいたします。


日本のモーターサイクルスポーツの礎を築いた西山秀一さん

明日のUstream企画「満潮のCROSS ROAD 道ばた談義」のゲストは、本場イギリスでトライアルやエンデューロを体験し、日本に伝えたという西山俊樹さん。

その西山さんのお父様・西山秀一さんは、MCFAJの事務局長として、日本のモーターサイクルスポーツの礎を築き、その発展に努めてこれらた方です。
(今年、七回忌だそうです。)

明日(31日)は西山俊樹さんに、レギュラーゲストの荘利光さんもお世話になったという父・西山秀一さんについて、MCFAJ設立当時の話などもまじえてお聞きしたいと思います。

写真は、「浅間から世界GPへ」(八重洲出版)から。
(写真をクリックすると、amazonへ飛びます)

IMG_0256IMG_0258

西山秀一(にしやましゅういち)
神奈川県横須賀市出身で、スポーツライダースクラブ世話役の傍ら県下のクラブマンたちの相談にも乗る。
信頼が厚く、またライディングテクニック、とくに悪路での腕前は抜群であった。昭和30年代に月刊モーターサイクリスト誌のテストライダーからMCFAJ事務局長に抜擢され、クラブマンたちのため、半世紀近くの長きにわたりその職責を全うしモータースポーツイベン開催と振興に生涯を献げた。平成20年2月25日没。享年89歳。

この本には、西山俊樹さんをはじめトライアルに関する記事もあります。

IMG_0259