谷口尚己さんのアルバムから

1959年(昭和34年)にホンダが初めてマン島TTレースに出場した時のライダーであり、同時に初出場で6位入賞、ロードレース世界選手権で初めてポイントを獲得した日本人ライダーでもある谷口尚己(たにぐちなおみ)さん。

その谷口さんから、貴重な当時の写真や資料をまとめたアルバムを見せていただいたので、こちらで随時紹介していきます。
(ホームページへの掲載は許可をいただいております)

たくさんの写真がありますので、順次掲載していきます。

またブログでのご紹介時は、年代が前後すると思いますがご了承ください。

1959年マン島TTレース初出場

1959年4月、羽田空港よりB.O.A.C.の最新型コメット機で出発。

左から、羽田を発つ、鈴木義一さん、鈴木淳三さん、谷口尚己さん、田中楨助さん。
左から、鈴木義一さん、鈴木淳三さん、谷口尚己さん、田中楨助さん。

B.O.A.C.とは英国海外航空のことで、当時のイギリス国営航空会社。今のブリティッシュ・エアウェイズの前身。(→ウィキペディア:英国海外航空
ついでに、最新型コメット機とは、デ・ハビランド社のコメットMk.IVでしょうか。(→ウィキペディア:デ・ハビランド_DH.106_コメット

今と違って、海外に行くのもまだまだ大変な時期ですね。

次は、お見送りする側。

TTレース初出場 羽田空港見送り 本田社長、藤沢専務、工藤所長
TTレース初出場 羽田空港見送り 本田社長、藤沢専務、工藤所長

出発は4月、レースは6月3日。
つまり、およそ1ヶ月以上前から現地入りして、下見と練習をしていたそうです。

マン島TT初出場までのエピソードは、同行したマネージャー飯田佳孝さんのインタビュー記事にも詳しく紹介されています。(→日本モーターサイクルレースの夜明け

運命の日:1959年6月3日 快晴

この年のTTレースはマウンテンコースではなく、クリプスコースで行われました。

また、レースは2台ずつのタイムアタック方式ではなく一斉スタートでした。

125cc級スタート(快晴)1959年(昭和34年)6月3日 PM1:00
125cc級スタート(快晴)1959年(昭和34年)6月3日 PM1:00
ブランディッシュコーナーでの力走
ブランディッシュコーナーでの力走

ブランディッシュコーナーとはコースのどのあたりか調べたところ、クレッグニーバー(よく写真で見るコーナーです)の次の左コーナー。

写真は右コーナーなので、ふと疑問に思い、さらに調べてみると…。

この区間はマウンテンコースとクリプスコースで共用する部分なのですが、クリプスコースで走る時は逆向きに走ることになるんですね。(→クリプスコース・コース図

よって右コーナーで正解というわけです。


写真はまだまだたくさんあります。
全部で何回に分けて掲載することになるか予測がつきませんが、数枚ごとにまとめて記事にしていく予定です。

次回をお楽しみに。


本田宗一郎さんのお墓参りに

ここ数年、恒例となっている本田宗一郎さんの命日(8月5日)に合わせたお墓参り。

1959年のホンダのマン島TTレース初挑戦で6位入賞を果たしたレジェンドライダー谷口尚己さん、ポンポンCLUB浜松の方々、スーパーカブの愛好者ほかのみなさんと、今年も富士スピードウェイに近い富士霊園の墓前にご挨拶してまいりました。

今年は、直前の鈴鹿8耐に行く際に、浜松に立ち寄り、「本田技研発祥の地」「アート商会発祥の地」そして「本田宗一郎ものづくり伝承館」を見てきたばかりだったので、特に思いが強かったです。

IMG_4974_s IMG_4977_s IMG_4985_s


本田技研発祥の地
本田技研発祥の地
本田宗一郎ものづくり伝承館
本田宗一郎ものづくり伝承館

谷口尚己さんの秘蔵写真から一枚。

谷口尚己さんとホンダドリームE。碓氷峠めがね橋にて。
谷口尚己さんとホンダドリームE。碓氷峠めがね橋にて。

 


6月7日多摩川スピードウェイ跡地にて

昭和11年6月7日(日)。
「第一回全日本自動車競走大会」が、神奈川県川崎市の多摩川河川敷に作られたばかりの、一周約1.2kmの簡易舗装のオーバルコース「多摩川スピードウェイ」で開かれました。

後に本田技研工業を設立する本田宗一郎さんが、弟の弁二郎さんとともに自らチューンした浜松号で参加していたり、昭和5年にマン島TTレースを走った日本二輪レースのパイオニア・多田健蔵さんも参加していたという、日本のモータースポーツ界の歴史的な(でも意外と知られていない)レースであり、レース場(サーキット)なわけです。

tamagawa-sw

今年は、6月7日が昭和11年と同じ日曜日でもあるので、ひとつここは現地で当時に思いを馳せながら、いろいろとみんなで情報を持ち寄って情報交換会でもやりましょう、というのが今回の企画です。

日時:2015年6月7日(日)16:00
場所:多摩川スピードウェイ跡地・東横線鉄橋下にて

多摩川スピードウェイに興味のある方にゆるーく集っていただければと思います。
現地集合現地解散。
18:00頃から新丸子駅界隈に移動しての二次会も考えています。

誰も来なくても、私は現地でひとり、もの思いに耽るつもりです。

多摩川スピードウェイに興味ある方、二輪四輪問わず、特に地元の方歓迎です。

参加表明とかは特に不要です。現地でお会いしましょう!

(松島@二輪文化を伝える会)