浅間高原レースから60年・・・3

2015年に開催から60年を数えた浅間高原レース(昭和30年11月開催)。

当時の写真を、「浅間高原レースから60年・・・1」「浅間高原レースから60年・・・2」とアップしてきましたが、今回はその3です。

写真はすべてホンダワークスライダーとしてマン島TTレース初挑戦で6位入賞を果たした谷口尚己さんの所蔵品です。

125ccクラス:No.104は高橋邦義選手(ホンダ)。後ろのNo.3は野口種晴選手(ヤマハ)
125ccクラス:No.104は高橋邦義選手(ホンダ)。後ろのNo.3は野口種晴選手(ヤマハ)
同じく高橋邦義選手。リアフェンダーに書かれた文字が見えますか?
同じく高橋邦義選手。リアフェンダーに書かれた文字が見えますか?

この高橋邦義さん、最後にエンジントラブルで2.5kmを押してゴールしたらしいです。

そしてリアフェンダーに書かれている文字は「ベンリイ」でした。

125ccクラスNo.20諏訪部昌志選手(ホンダ)
125ccクラスNo.20諏訪部昌志選手(ホンダ)
250ccクラス2位のトロフィーを持つ谷口尚己選手
250ccクラス2位のトロフィーを持つ谷口尚己選手
トロフィーの前でカップを持つホンダスピードクラブの面々。白子工場社長室前にて。
トロフィーの前でカップを持つホンダスピードクラブの面々。白子工場社長室前にて。写真裏に谷口さん直筆のメモ

この第1回の浅間高原レースのリザルトは、「日本モーターサイクルレースの夜明け」で見られます。

一番下の写真の裏には谷口尚己さん直筆のメモが貼ってありました。

「第一回浅間高原レース(1955年)白子工場社長室前にて」そして

「佐藤市郎 鈴木淳三 高橋邦良(義) 鈴木義一 大村美樹男(雄) 中村武夫 谷口尚己」

350ccクラス優勝の大村美樹雄さんのカップはひとまわり大きいですね。

マン島TTレースを模範に企画されたこの浅間でのレース。

一般公道を使ってのレースではありましたが、舗装路ではなく火山灰に覆われたダートコースでした。

さらに、ところどころ溶岩がむき出しになっていて、なかなかのスクランブルレース具合だったようです。

谷口さんも3度転倒してブレーキが効かなくなり、ゴール後に止まりきれずに北軽井沢郵便局にマシンごと飛び込んでしまった、なんていうエピソードも聞かせていただきました。


昭和30年代前半の浅間時代。

戦後の荒廃から復興へ、激化する競争と淘汰、その後の劇的なまでの高度経済成長へと、昭和史と照らしても激しくそしてエネルギッシュな時代でした。

それから60年。

これからも浅間時代の資料を紐解いて、随時アップしていきたいと思います。

最後に昭和30年当時の日本の道路事情の映像をどうぞ。

 


浅間高原レースから60年・・・1

昭和30年(1955年)、群馬県北軽井沢の公道と浅間牧場の一部を使った特設コースで開催された「第1回全日本オートバイ耐久レース(通称:浅間高原レース)」。

今年(2015年)で開催から60年。
その年ももうすぐ終わろうとしています。

なので、ここであらためて資料をひっくり返して、あと半月の間、ブログに記しておこうと思います。

250ccクラスのスタート
ライトウエイト(250cc)クラススタートシーン。 (61)大村美樹雄選手(ホンダ)、(62)桑原政吉選手(ポインター) 2台ずつ同時スタートのタイムレースでした。 (谷口尚己さん所蔵写真より)
350ccクラスのスタート
350ccクラスのスタート。 まさに現在「スタート地点の碑」が建っているところですね。 (7)大村美樹雄選手(ホンダ)(8)武田 実選手(陸王) このクラスは大村美樹雄選手が優勝。 (谷口尚己さん所蔵写真より)
浅間牧場内のコースでの練習走行。ライダーは谷口尚己さん。
浅間牧場内のコースでの練習走行。ライダーは谷口尚己さん。 (谷口尚己さん所蔵写真より)

リザルト:日本のモーターサイクルレースの夜明け

写真はFacebookページのアルバムにもアップしていきます。

つづく。

その2へ→


[歴史を追う7] 昭和20年代後半 二輪産業が次第に活発に

月刊オートバイ2013年2月号「日本のバイク史」特別付録から
月刊オートバイ2013年2月号「日本のバイク史」特別付録から

昭和25年(1950年)に朝鮮動乱が起こると、日本国内に朝鮮特需をもたらし、さらにGHQの日本の占領政策を一変させます。
これは日本の産業界にも様々な影響を与えたようです。

昭和24年(1949年)に、オートバイの生産および販売に携わる会社により日本小型自動車工業会ができ、多摩川スピードウェイで全日本モーターサイクル選手権を開催するなど、モータースポーツもようやく復興してきます。 “[歴史を追う7] 昭和20年代後半 二輪産業が次第に活発に” の続きを読む