夏休みの自由研究に「日本のオートバイの歴史」はいかがでしょう?

なかなか梅雨の明けない今年ですが、多くの小中学校は夏休みに入った頃でしょうか。

さて、バイクに興味のある少年少女のみなさん、そしてお父さんお母さん、夏休みの自由研究に「日本のオートバイの歴史」なんていうのはいかがでしょうか?

その際は二輪文化を伝える会の年表を参考にしてね。
あとは自分で調べてみよう。コピペはだめだぞ(^_-)

二輪文化を伝える会:日本のオートバイ年表

なんやかんやで手元に集まった資料
なんやかんやで手元に集まった資料(一部思い出の品ありw)

“夏休みの自由研究に「日本のオートバイの歴史」はいかがでしょう?”の続きを読む


多摩川スピードウェイ関連で熱く語る!

tameya_s多摩川スピードウェイの跡地について川崎市議会で質問された爲谷義隆さんにお会いしてきました。

今年の4月に多摩川スピードウェイ関連でTwitterでコンタクトいただき、FBなどでもやり取りはしていたのですが、まだ直接お会いしたことがありませんでした。

台風8号の影響で九州の視察を一日早く切り上げて戻ってこられていて、スケジュールが空いていそうだったのと、川崎は仕事の打ち合わせで都内に行く道中でもあったので、いい機会と思いお時間を作っていただきました。

ご自身も学生時代に、KR250、GSXR400RR、VF1000Rなんてマシンに乗っていたこともあり、また、ホンダZ360で軽井沢ヒルクライムも走ったという、二輪四輪問わずモータースポーツにも興味をお持ちなだけあって話が尽きるはずもありません!(笑)

具体的な内容は端折りますが、川崎市市政100周年に向けて、まずは地元川崎市を巻き込んで何ができるそうなのか、そんな「夢」を語り合ってきました。

二輪文化ラジオ」にも興味を持っていただいたようなので、今度ぜひゲストにきていいただいて、たっぷり語り合いましょうということでこの日はお開きに。


IMG_0979_sそして爲谷さんにお会いした翌日は、なんと朝日新聞の取材を逆に受けることになりました!

テーマはやはり「多摩川スピードウェイ」です。
もう最近にわかに自分の周りは多摩川祭です(笑)。

爲谷さんとは逆に、取材にみえた女性記者さんは、これまで特にオートバイにも車にも興味がなかったとのこと。

それが取材対象として多摩川スピードウェイが候補に上がり、ネットで検索して二輪文化を伝える会のページを見つけて、それを見て興味を持ち取材に来てくださるという、まさに願ったり叶ったりの状況です。

多摩川スピードウェイの話もさることながら、二輪文化を伝える会についてもあちこち脱線しながら熱くお話させていただきました!

普段良く目にしているところにそんな歴史的な話があるなんて、とさらに興味を持っていただけたようで、さらにあれもこれもと、もう暑苦しいおっさん全開です(笑)

いつどのように記事になるかは、掲載日が近くなったらまたお知らせしたいと思います。
お楽しみに!


 

多摩川スピードウェイって何?って方はこちらへ・・・

photo4