ハロウィーンと二輪文化:二輪文化ラジオ41 その1

10月の二輪文化ラジオは、20日(金)にライブ配信いたしました。
会場にもたくさんのギャラリーの方々にお集まりいただきました。
ご視聴&ご来場ありがとうございました。

今回はひとつの試みとして、前半の30分弱を切り分けて、アーカイブ版その1としてアップしてみました。

その内容を少々文字にしておきます。

読んでから見るか、見てから読むか?

二輪文化ラジオvol41-1

ハロウィーンと二輪文化

いつのまにやら日本にもずいぶん浸透してきた感のあるハロウィーン。
鉄器時代にヨーロッパに移ってきた古代ケルトの文化が発祥で、いわゆる秋の収穫祭だったとのこと。

イギリス周辺の島々にケルトの影響が色濃く残っているそうです。
そう。あの「マン島」もケルト文化圏。
英語と共に公用語であるマンクス語もケルト語をルーツに持つ言語。

ケルト→celt→celtic→セルティック→セルティ
「デュラララ!!」の首なしライダー「セルティ・ストゥルルソン」もケルト系のアイルランド神話の妖精「デュラハン」がモチーフ。

そんなケルト文化と二輪文化ラジオの繋がり・・・。

日本で広まったのは…

昭和時代にはほとんど誰も知らなかったハロウィーン。 いつからこんなに受け入れられるようになったのでしょう?

大きなきっかけは1997年東京ディズニーランドでハロウィーンイベントをやるようになったことのようです。
その後、ハロウィーン商戦が活発になり、ここ数年のSNSブームと仮装・コスプレブームがあいまって一気にメジャーになった感じ。

マイナー?メジャー?

ここ20年くらいで、日本ではマイナーなイベントだったハロウィーンが一気にメジャーになってきました。

しかし、都市部はともかく田舎のおじいちゃんおばあちゃんはハロウィーンのことをどのくらい知っているでしょう?
「トリックオアトリート」いったい何のおまじない?

それに比べてオートバイは、日本全国津々浦々、幼稚園で子どもたちに聞いても、老人施設でおじいちゃんおばあちゃんに聞いても、ほぼ100%「知っている」と答えると思われます。

ハロウィーンよりはるかにメジャーな存在。

無関心からの脱却

ほぼ知らない人はいないオートバイ。
でもなぜかマイナー感・疎外感があるのは否めません。
つまり大多数の人が「知っているけど興味がない、関心がない」状態。

「好き」の反対は「無関心」と言います。
この無関心からの脱却のためにどうしたらいいのか?

バイクに乗らなくてもバイクが好きな人を増やしたい

ライダーを増やそうとしても、免許に装備に車両と、ハードルはかなり高いと思います。
今の倍に増やすのは相当大変なことでしょう。
(倍になったところで実数としては果たしてどうなのか…)
また、子どもは当然として、年配者も新規ライダーにするのは基本的に難しい。

もっとハードルの低いところから取り組んでみてはどうなのか。
「バイクに乗っていなくても楽しめる話」で興味を引き、多くの人に関心を持ってもらいたい。

そして、「バイクに乗っていなくてもバイクが好きな人を増やしたい」。

それこそが二輪文化を伝える会の基本コンセプトなのです。


なかなか強引な展開ですね(笑)。

それでは、二輪文化ラジオvol41アーカイブ版その1「ハロウィーンと二輪文化」をどうぞ!

YouTubeライブ版(フルバージョン)は、high-tide radio のチャンネルで見られます。