マン島TTレース:ホンダの初挑戦から58年

今年もマン島TTレースの時期になりました。

今年は、二輪文化ラジオに何度もゲストできていただいた山中正之選手が、いよいよTTレースにデビュー(SuperSportクラス)。
無事に、そして良いラップを刻んでくれることを願っています。

さて、そのマン島TTレースに日本人が初めて参加したのは、昭和5年(1930年)の多田健蔵さんでした。
次の挑戦はそれから実に29年のこと。

1959年(昭和34年)6月3日。

ホンダ選手は、初挑戦のTTレース(この年の125ccクラスは、マウンテンコースではなくクリプスコースで、一斉スタートでした)で、谷口尚己選手が6位入賞(世界選手権日本人初ポイント獲得)、鈴木義一選手が7位、田中楨助選手が8位、鈴木淳三選手が11位となり、見事チーム賞も受賞しました。

この年以降、ホンダの快進撃は続くので、この初挑戦もまた特別な意味を持って語り継がれています。

レジェンドライダー谷口尚己さんのアルバムから当時の写真を、既出のものも含めてご紹介します。

この年の125ccクラスはマウンテンコースではなくクリプスコースで一斉スタート
左から(敬称略)、鈴木淳三、鈴木義一、河島喜好、谷口尚己、田中楨助、ビル・ハント、関口久一、廣田俊二