〜二輪歴史浪漫〜 世界に誇る日本のオートバイの歴史を作ってきた方々の、夢と浪漫と冒険の物語
二輪文化を伝える会
Home > 人物伝 > 高井幾次郎

人物伝

高井 幾次郎(たかい いくじろう)

ヤマハファクトリーライダー。リトルジャイアントと呼ばれた。
1947年(昭和22年)2月16日 - 1982年(昭和57年)5月12日

高井幾次郎

高井 幾次郎

愛知県出身
1947年2月16日生まれ
身長160cm

小さな巨人と称されイクさんの愛称で多くの人から愛されていた高井。小柄な躯ながらYZR500/750を見事に乗りこなし、自分のものとしていった。1973年、ヤマハのファクトリーライダーになった頃にはその素質も磨き込まれ、世界GPでもその実力をいかんなく発揮。国内/海外でヤマハのエースライダーとして活躍した。1982年。SUGOでの練習中に新型YZR500でクラッシュ。帰らぬ人となった。享年35歳。
(出典:「浅間から世界GPへの道」(八重洲出版)昭和・名ライダー列伝 より)

リトルジャイアント・小さな巨人と呼ばれ、ケニー・ロバーツからも信頼される

ヤマハのファクトリーライダーとして、その開発能力でファクトリーマシンYZR500の開発も担当。
ケニー・ロバーツからは「イクの作ったマシンなら絶対間違いない」というほどの信頼を得ており、ケニーの世界GP3連覇を支えた。

そのケニー・ロバーツとのバトル(TBCビッグロードレース)

今も残る「Pro Shop TAKAI」ブランド

現役時代にレザースーツなどのメーカー・プロショップ高井を設立。
平忠彦選手が着用していたこともあり、タイラレプリカなど多くのファンが愛用していました。
後にメーカーはなくなってしまいましたが、ブランド「プロショップタカイ」はまだ生き続けています。

平忠彦、カルロス・ラバード、ケニー・ロバーツが出演 Takai のCM

参考資料・文献・関連リンク

Home > 人物伝 > 高井幾次郎