〜二輪歴史浪漫〜 世界に誇る日本のオートバイの歴史を作ってきた方々の、夢と浪漫と冒険の物語
二輪文化を伝える会
Home > 人物伝 > 鈴木忠男

人物伝

鈴木 忠男(すずき ただお)

1969年全日本モトクロス250チャンピオン。SP忠男代表
1945年(昭和20年)2月19日 -

SP忠男の忠さん

1969年全日本モトクロス・セニア250ccチャンピオン。
SP忠男レーシングチームの大将として、ロードレースの全日本チャンピオン・世界グランプリライダーを輩出している忠さんですが、かつては豪快な走りで知られたモトクロスライダーでもあったんです。

第2回二輪文化ラジオ

第2回の二輪文化ラジオにゲスト出演していただきました。
蒲田の夜から月刊オートバイオフロード天国のエピソードなど、いつでもバイクに夢中な忠さんに爆笑エピソードがいっぱいです。

忠さんの自伝「バイク、そして人生 最高だね!」

忠さんが本当に自ら書いた自伝本が「バイク、そして人生 最高だね!」(造形社)。
風間深志さんの企画で実現。

モトクロスだけでなくロードレースのチャンピオンリストにも名前が

1965年5月に鈴鹿サーキットで開催されたMFJ全日本ロードレース大会。この50ccクラスで優勝。
当時まだシリーズ戦は始まっていなくて、この1戦でチャンピオンの決まったのでした。

年表

1960年 初モトクロスレース。マシンは山口オートペット。結果は予選落ち
1961年 トーハツランペットでモトクロス初優勝
1962年 千葉のスピードスクランブル・レースにヤマハYDS250で参加し優勝
1963年 トーハツワークスマシンへスイッチ
1964年 ヤマハセミワークスライダーとして全日本モトクロス選手権で活躍
1965年 ヤマハワークスライダーとしてYDSベースのモトクロッサーで各地のレースに参戦
MFJ全日本ロードレース(鈴鹿)50ccクラス優勝
1966年 目玉ヘルメット誕生
1967年 ヤマハのニュー・モトクロッサー、YX26を駆りデビュー戦の郡山モトクロス日本GPにて優勝
MFJ全日本モトクロス ジュニア250cc ランキング3位
1968年 MFJ全日本モトクロス セニア250cc ランキング3位、125cc 7位
1969年 DT-1ベースのマシンで全日本モトクロス選手権シリーズセニア250ccクラス年間チャンピオン。
125ccクラスランキング2位。MFJ最優秀選手。
1970年 MFJ最優秀選手として、世界選手権モトクロスに参戦。
オランダナショナルモトクロス戦日本人初優勝。
全日本モトクロス選手権第4戦 125cc・250cc・オープンクラスの3クラス優勝。
イギリスのブリストルのレースで転倒、首を圧迫骨折
1971年 怪我のため8ヶ月のブランクの後、復帰レースの全日本モトクロス選手権第6戦125クラスで優勝。
その後再び怪我に泣かされる。
1976年 スペシャルパーツ忠男開店
1978年 SP忠男レーシングチームを設立
Home > 人物伝 > 鈴木忠男