〜二輪歴史浪漫〜 世界に誇る日本のオートバイの歴史を作ってきた方々の、夢と浪漫と冒険の物語
二輪文化を伝える会
Home > 人物伝 > 島津楢蔵

人物伝

島津 楢蔵(しまづ ならぞう)

明治42年にオートバイ国産一号機を完成させた技術者
1888年(明治21年)4月10日 - 1973年(昭和48年)6月21日

1909年(明治42年)に国産オートバイ第1号車「NS号」を作った人

島津楢蔵:国産モーターサイクルのあゆみより
国産モーターサイクルのあゆみ
(八重洲出版)より

4サイクル400ccのエンジンもキャブもコイルもプラグも自作したというNS号。間違いなく国産ですね。

2014年日本自動車殿堂入り

日本のモーターリゼーションを語る上で、やはり島津楢蔵さんは最重要人物のひとりと言えるでしょう。
2014年に晴れて日本自動車殿堂入りを果たしました。

年表

島津楢蔵さんと弟の山口銀三郎さん。その山口銀三郎さんのお孫さんであるジャーナリスト山口宗久さんのサイト「日本のモーターリゼーションを作った明治の男の物語」に詳しい年表が掲載されています。スゴイです。

参考・関連リンク

Home > 人物伝 > 島津楢蔵