Home > 人物伝 > 酒井文人

人物伝

酒井 文人(さかい ふみと)

八重洲出版取締役社長 MCFAJ設立、初代理事長
1924年(大正13年)1月2日 - 2002年(平成14年)4月1日

八重洲出版社長、MCFAJ(全日本モーターサイクルクラブマン連盟)初代理事長

酒井文人

1957年モーターサイクル出版社(後に八重洲出版と改称)設立に参画、取締役社長に就任。月刊モーターサイクリスト誌発刊のかたわら、全国的なモータースポーツ熱の沸騰ぶりを受け、翌'58年に全国のアマチュアクラブ組織を糾合し全日本モーターサイクルクラブ連盟を発足、同年浅間での第1回モーターサイクルクラブマンレースを開催。その後、出版業に専念し数多くの月刊誌を創刊して多くの読者に夢を提供した。平成14年4月1日没。享年78歳。
(写真は1959年マン島T.T.に初挑戦するホンダチームと同行、AJS31CSRを駆り現地取材中の酒井文人)

ーーー「浅間から世界GPへの道」(八重洲出版)より

昭和33年にMCFAJを創設、クラブマンレースを開催

酒井文人

昭和33年、その年に開催が予定されていたメーカー系団体(日本モーターサイクルレース協会)主催の浅間火山レースの中止を受けて、浅間でアマチュアライダー(クラブマン)のレースを開催すべく奔走。
全日本モーターサイクルクラブ連盟(MCFAJ)を立ち上げ、第1回全日本モーターサイクルクラブマンレースを開催しました。

参考資料・文献・関連リンク

Home > 人物伝 > 酒井文人