〜二輪歴史浪漫〜 世界に誇る日本のオートバイの歴史を作ってきた方々の、夢と浪漫と冒険の物語
二輪文化を伝える会
Home > 人物伝 > 久保和夫

人物伝

久保 和夫(くぼ かずお)

城北ライダース 1965年日本人として初めてモトクロス世界GPに出場。SRS KUBOで若手育成も

昭和30年代国内モトクロス無敵を誇るライダー

第1回全日本クラブマンモトクロス(1959年:大阪信太山)の250ccクラスで優勝。以降、城北ライダースのメンバーとして活躍。

1961年(昭和36年)より城北ライダースがスズキと契約したことでスズキのマシンに。
1964年(昭和39年)第1回MFJモトクロス日本GPで、125ccと250ccダブルウイン(スズキ)。

日本ではじめてモトクロス世界GPに出場

1965年(昭和40年)にSUZUKIのライダーとしてモトクロス世界グランプリに参戦(結果はリタイヤ)。後のSUZUKIのチャンピオン獲得への第一歩を記しました。

東名自動車設立、そしてSRS KUBOへ

城北ライダースの鈴木誠一さんや久保さんの兄の靖夫さん・寿夫さんらで4輪のチューニングショップ東名自動車を設立。その後スズキのレース部門の販売窓口としてSRS KUBOを、2輪の販売店SBS多摩をオープン。
2輪ロードレースのライダー育成も担い、加賀山就臣選手や亀谷長純選手らを輩出しました。

年表

1958年(昭和33年) 第1回MDFAJクラブマンロードレース(浅間)出場。リタイヤ
1959年(昭和34年) 第1回MCFAJクラブマンモトクロス(大阪:信太山自衛隊演習地特設会場)250ccクラス優勝
1964年(昭和39年) 第1回MFJ日本グランプリモトクロス(群馬:相馬ヶ原自衛隊演習地特設会場)125ccクラス・250ccクラス優勝

参考・関連リンク

Home > 人物伝 > 久保和夫