〜二輪歴史浪漫〜 世界に誇る日本のオートバイの歴史を作ってきた方々の、夢と浪漫と冒険の物語
二輪文化を伝える会
Home > 人物伝 > 金谷秀夫

人物伝

金谷 秀夫(かなや ひでお)

1975年世界GP500クラス初優勝。元ヤマハWGPライダー
1945年(昭和20年)2月3日 - 2013年(平成25年)12月19日

1972年初参戦のWGPで初優勝、1975年には350、500ダブルウィン。

金谷秀夫:ヤマハストーリー(大洋図書)」より
「ヤマハストーリー(大洋図書)」より

1972年(昭和47年)4月30日、ヤマハワークスライダーとして、初めて参加した世界グランプリの開幕戦西ドイツGP(ニュルブルクリンク)250ccクラスで優勝の快挙。

1975年5月4日、オーストリアGP(ザルツブルグ)では、GP350とGP500のダブルウィンという偉業を達成。

ヤマハの前はカワサキの契約ライダー

金谷秀夫「六甲伝説」(大洋図書)より
「六甲伝説」(大洋図書)より

ヤマハのイメージが強い金谷さんですが、ヤマハと契約する前はカワサキの契約ライダーでした。
カワサキのレース活動縮小を機にヤマハへ移籍し、「世界のKANAYA」と言われる活躍をしたのでした。
カワサキ時代の話は、当時カワサキでライダーとの契約を担当していた古谷錬太郎さんのブログで紹介されています。

ヤマハコミュニケーションプラザ「金谷秀夫メモリアル展」

2013年12月19日に亡くなった金谷さんの功績を振り返るメモリアル展示

ヤマハコミュニケーションプラザ金谷秀夫メモリアル

参考資料・文献・関連リンク

Home > 人物伝 > 金谷秀夫