Home > 人物伝 > 伊藤史朗

人物伝

伊藤 史朗(いとう ふみお)

第1回浅間高原レースで優勝、ヤマハにGP初優勝をもたらした幻の天才ライダー
1939年(昭和14年)10月10日 - 1991年(平成3年)3月10日

幻の天才ライダー

伊藤史朗

東京都大田区出身
1939年10月10日生まれ

1955年第1回浅間火山レース250ccクラスで1位になったのは東京・大田区のライラック販売店推薦のフミオだった。OHV3段変速のライラックSYに乗る彼が、OHC4段変速のホンダ陣営に食い入ることは誰も予想しなかった。史朗は1957年の第2回浅間にはヤマハの250で出場。他社を圧倒する快走中にクランク焼き付きでリタイヤ。勝つかリタイヤの両極端な走りが伊藤を強烈に印象づけた。1991年3月10日、アメリカで客死。

ヤマハに世界GP初優勝をもたらしたライダー(1963年ベルギーGP)

1963年(昭和38年)、デイトナUS GPで250ccクラス優勝。さらに世界グランプリでは、ベルギーGP(スパ・フランコルシャン)で、ヤマハにGP初優勝をもたらし、ランキング3位を獲得。

1958年カタリナGP

1958年(昭和33年)にヤマハの海外初レース「カタリナGP」に出場、6位入賞を果たす。その時の様子です。

#33が伊藤史朗選手。川上源一ヤマハ発動機社長の姿も見られます。

参考リンク

Home > 人物伝 > 伊藤史朗