Home > 人物伝 > 安良岡健

人物伝

安良岡 健(あらおか けん)

1960〜70年代に3メーカーのワークスライダーとして活躍
1940年(昭和15年)3月27日 -
安良岡健

年表

1959年(昭和34年) 第2回全日本クラブマンレース(浅間)でデビュー(フジモーター)
1962年(昭和37年) 第5回クラブマンレース(雁の巣)日本選手権50cc、125ccクラスにトーハツで参戦(チームはオールジャパンGP)
  カワサキコンバット加入後、星野一義さんらをチームに招き入れたが、すぐにモトクロスからロードレース(カワサキGPチーム)に転向。
1969年(昭和44年) デイトナ
1970年(昭和45年) マカオGP初出場(カワサキA1-R:失格)
1972年(昭和47年) 世界GP参戦。東ドイツGP9位
  スズキ移籍
1974年(昭和49年) デイトナ7位

3メーカーのワークスライダーとして活躍

1960〜70年代に、トーハツ、カワサキ、スズキのワークスライダーとして活躍。
リンク先写真は1974年スズキでデイトナに参戦した時のもの)。

1970年カワサキA1-RでマカオGP初出場、優勝したはずが・・・

2014年4月の二輪文化ラジオでお聞きしたエピソード。
はじめて出場したマカオGP。キャブに不調からスタートからピットへ。
レースではその後追いあげ、結局ぶっりぎりで優勝したはずでしたが、抗議を受け失格に。
ピットインする際に、メカニックがマシンに触れたためとのこと。
二輪文化ラジオの放送では、「1972年にH1-Rで」と語っておられますが、どうやら1970年A1-Rが実際のところのようです。

Home > 人物伝 > 安良岡健